靱帯損傷の大谷、トミー・ジョン手術の可能性

手術を受けるまでは打者として出場

 9月6日、大リーグ(MLB)のエンゼルスは5日、投打の二刀流に挑んでいる大谷翔平投手がMRI検査を受け、右肘靱帯に新たな損傷が発見されたと明らかにした。医師は「トミー・ジョン手術」と言われる修復手術を勧めているという。テキサス州ヒューストンで2日撮影(2018年 ロイター/Erik Williams-USA TODAY Sports)

[6日 ロイター] - 大リーグ(MLB)のエンゼルスは5日、投打の二刀流に挑んでいる大谷翔平投手がMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、右肘内側側副靱帯に新たな損傷が発見されたと明らかにした。医師は「トミー・ジョン手術」と言われる修復手術を勧めているという。

大谷は右肘の内側側副靱帯を痛めて6月6日の登板を最後に戦線離脱していたが、今月2日のアストロズ戦で投手として復帰。2回1/3で49球を投げ、2回までは速球で99マイル(約159キロ)を記録していたが、3回に入ると89マイルから92マイルまでスピードが落ちていた。

複数メディアの報道によると、大谷は手術を受けるまで今季の試合に打者として出場を続ける。手術を受けた場合、来シーズンは投げられないが、打者としてはより早期に復帰できると見られている。

*カテゴリーを追加します。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。