靱帯損傷の大谷、トミー・ジョン手術の可能性

手術を受けるまでは打者として出場

 9月6日、大リーグ(MLB)のエンゼルスは5日、投打の二刀流に挑んでいる大谷翔平投手がMRI検査を受け、右肘靱帯に新たな損傷が発見されたと明らかにした。医師は「トミー・ジョン手術」と言われる修復手術を勧めているという。テキサス州ヒューストンで2日撮影(2018年 ロイター/Erik Williams-USA TODAY Sports)

[6日 ロイター] - 大リーグ(MLB)のエンゼルスは5日、投打の二刀流に挑んでいる大谷翔平投手がMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、右肘内側側副靱帯に新たな損傷が発見されたと明らかにした。医師は「トミー・ジョン手術」と言われる修復手術を勧めているという。

大谷は右肘の内側側副靱帯を痛めて6月6日の登板を最後に戦線離脱していたが、今月2日のアストロズ戦で投手として復帰。2回1/3で49球を投げ、2回までは速球で99マイル(約159キロ)を記録していたが、3回に入ると89マイルから92マイルまでスピードが落ちていた。

複数メディアの報道によると、大谷は手術を受けるまで今季の試合に打者として出場を続ける。手術を受けた場合、来シーズンは投げられないが、打者としてはより早期に復帰できると見られている。

*カテゴリーを追加します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。