靱帯損傷の大谷、トミー・ジョン手術の可能性

手術を受けるまでは打者として出場

 9月6日、大リーグ(MLB)のエンゼルスは5日、投打の二刀流に挑んでいる大谷翔平投手がMRI検査を受け、右肘靱帯に新たな損傷が発見されたと明らかにした。医師は「トミー・ジョン手術」と言われる修復手術を勧めているという。テキサス州ヒューストンで2日撮影(2018年 ロイター/Erik Williams-USA TODAY Sports)

[6日 ロイター] - 大リーグ(MLB)のエンゼルスは5日、投打の二刀流に挑んでいる大谷翔平投手がMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、右肘内側側副靱帯に新たな損傷が発見されたと明らかにした。医師は「トミー・ジョン手術」と言われる修復手術を勧めているという。

大谷は右肘の内側側副靱帯を痛めて6月6日の登板を最後に戦線離脱していたが、今月2日のアストロズ戦で投手として復帰。2回1/3で49球を投げ、2回までは速球で99マイル(約159キロ)を記録していたが、3回に入ると89マイルから92マイルまでスピードが落ちていた。

複数メディアの報道によると、大谷は手術を受けるまで今季の試合に打者として出場を続ける。手術を受けた場合、来シーズンは投げられないが、打者としてはより早期に復帰できると見られている。

*カテゴリーを追加します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT