営業から運用、調査と意外に広い保険の仕事【損保編】

日系企業の海外展開のお手伝いは結構、重労働

国内損保各社は、成長の源泉を海外に求めようと、今、活発に動き出している。だが、もともと損保の海外展開は日系企業の海外進出に伴い、そのサポートをしてきた。東京海上日動の河島泰紀氏も、国内にいながら日系企業の海外展開のサポートを行っている。

1995年に入社した河島氏はマレーシアの首都、クアラルンプールに語学研修生として1年間、現地法人の駐在員として5年間滞在した。現在は、国内大手自動車メーカーの法人営業を担当する。日本に拠点を戻したとはいえ、今でも担当企業の海外工場や海外ディーラーとの折衝で、2カ月に1度は海外に出張する。出張で訪れた国は、ウクライナ、ベルギー、インド、アメリカなどさまざま。「業務は半分肉体労働みたいなもの」と、河島氏は苦笑する。

仕事の一つに「ロスプリベンション(ロスの防止)」がある。たとえば、あるメーカーが完成車を輸出した際、海外の港に着いた船積みの自動車にキズがついていた場合、このキズの原因を解明し、対策を施すのがロスプリベンションという仕事だ。これがかなり地道でハードな作業となる。

まず日本の港で、積み込み前の自動車の外装をチェック。「日本の物流業者は品質が高いので、日本国内でキズがつくことはほとんどない」(河島氏)。自動車を載せた船が出航するのを見届け、飛行機で到着予定港に先回り。港に降ろされた時点、陸路で輸送され販売店に到着した時点と、入念にキズの付着具合を検査する。

キズを発見した場合は、キズを写真に収め日本に持ち帰り、社内の膨大な統計データと照らし合わせ、原因に当たりをつける。「キズの原因が、搬入者が身に付けている指輪でついたキズなのか、ブレスレットでついたキズなのか、そのくらいのことはわかる」(河島氏)という。その後、お客様と防止策を考える。昨年はマイナス15度の韓国の港でも、ロスプリベンションの作業を経験した。

海外駐在から日本に帰国して2年が経つ。最近、また海外に駐在したいと考え始めた。「マネジメントの勉強をしたい。本体の社長は無理でも、どこかの現地法人の社長くらいならなれるかも」(河島氏)と、野望を打ち明けた。

(生保・損保特集編集部)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT