ロボアドバイザー手数料1%は高いか安いか

「コストをかけずお金を貯めたい」と思う人に

大切なお金を「ロボットアドバイザー」に任せていいのだろうか。 そもそもロボットなのに毎年1%も手数料を取るのは高い?( 写真:photomai / PIXTA)

ロボアドバイザーに手数料を払う価値はあるのだろうかーー。各社のロボアドバイザーが日本で提供されるようになってから早くも2~3年が経過した。

そもそもロボアドバイザーとは?

当初は、どちらかというと、すでに資産運用をしている個人投資家が資産の一部を入れていた印象を持ちます。だが、大手企業が参入しテレビCMを流したり、さまざまなメディアでも取り上げられるなか、徐々に認知度も上昇、最近では投資初心者も活用し始めているようだ。

サービスを利用する前に各社のホームページを確認すると同時に、各ユーザーのブログを読んで理解を深めてから利用しようとする人が多いようで、筆者にも事前にいろいろと調べた方から質問を受けることがある。その中でいちばん多いのは、手数料が高いという人たちが多いが、それは本当か?ということである。今回はその点について筆者の考えを述べる。

読者の中にはロボアドバイザーについて、「聞いたことはあるが、よく知らないという方」も多いと思うので、改めて簡単に紹介しよう。ロボアドバイザーとは、「ネット上で5問から15問程度の質問に答えると、自動的にその人に合った資産配分が提示されるサービス」である。実は、日本では大きく分けて2種類のサービスがある。1つは資産配分が表示されてサービスが終わるタイプ。もう1つは、冒頭で書いたイメージに近いが、その資産配分に納得がいけば、その資産配分を基に、その後は自動的に運用してくれるタイプである。

日本でロボアドバイザーのサービスが提供され始めた頃は、この2種類が一緒になって語られることが多かったが、最近の主流は後者の「投資一任タイプ」だ。当然、手数料がかかるのは後者であり、その手数料が1%前後かかることについて、妥当かどうかの質問が多いのである。

次ページロボットなのに1%の手数料は高すぎる?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。