今は日経平均2万3000円超えたらいけない病

この「病気」が蔓延する根拠はどこにあるのか

アメリカの通商政策について言えば、市場の足元の注目は、米中関係からNAFTA(北米自由貿易協定)にシフトした感がある(アメリカで識者や投資家の意見を聞くと、昨年から既に関心は米中よりNAFTAだった、と現地で感じた)。

もちろん、中国についても、一部報道で、ドナルド・トランプ大統領は9月上旬にでも、対中輸入2000億ドル分について、追加の関税引き上げを行なう意向だ、と伝えられており、ボーイングやキャタピラーなどの中国関連銘柄が、売り込まれる動きもあった。それでも、2000億ドル分の追加というのは、既知のことでありサプライズではないため、アメリカ株価全般が大きく崩れるようなことは起こっていないし、両社の株価調整も、直近の8月の安値を全く割り込んではいない。

NAFTAについては、既報のように、アメリカ―メキシコの間では修正について合意がなされた。修正前に比べれば、自動車について、自動車部品の域内調達比率の引き上げ(62.5%以上→75%以上)、賃金条項(時給16ドル以上の地域~実質アメリカ~からの調達が40~45%以上)、無税でメキシコからアメリカに輸出できる上限台数の設定(240万台以上の部分には課税)といった、メキシコにとって厳しい条件となっている。

それでも、修正交渉が決裂し、メキシコ産の全ての自動車に対して高関税がかかる、といったような混乱(メキシコ経済のみならず、メキシコで生産を行なっているアメリカ自動車メーカーにとっても)を回避した、という点では、最悪の事態よりかなり「まし」だったと評価できよう。

現在はアメリカ―カナダ間の交渉が行なわれており、当初のメドとされていた8月末までの交渉合意には至らなかった。しかし合意に向けて「両国とも前向き」と伝えられており、今週以降も交渉は継続される。この2つの交渉で「時差」は生じるが、NAFTAが消えてしまい、アメリカ企業を含む多くの企業に混乱が生じる、という事態は、避けられると見込んでいる(またトランプ大統領が、オフレコと称して余計なことを言ったという話も伝わっているが)。

相場の流れは明るい方向へ

今週の国内株式市況を展望すると、米雇用統計(7日)発表を控えているなど、投資家が様子見を正当化する材料はある。また、「何となく日経平均2万3000円超えの定着は難しそう」、との心理も、しばらく残る可能性はある。

それでも、すぐではないとしても、企業収益の実態が日経平均を押し上げ、投資家心理が大きく明るい方向へ変化することが見込まれる。こうした見解を背景に、今週の日経平均の予想レンジは、週内に投資家心理の好転が何とか始まるという前提を置いて、2万2700~2万3500円を予想する。もし2万3000円を超えての上振れが今週ないとしても、時間の問題だろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT