総務部長が全社員にカミングアウトした理由

女性として生きていく選択をした

──そして2012年、ついに会社でカミングアウトを決行した。

自分の思いをきちんと文章で伝えたくて、金曜の終業後、社内一斉メールでカミングアウトしました。ちょうどその頃、ビジネス誌がこぞってLGBT特集を組み、親会社の電通社内でトランスジェンダーを含めた性的少数者への理解を深める取り組みを行っていることを知りました。それがとても勇気をくれ背中を押してくれた。カミングアウトしてもクビにはならない。家族を路頭に迷わせることはないと確証を得たんです。

告白に対し、好意的な励ましメールがいくつも返ってきて、読みながら涙で画面が見えなくなった。週明けドキドキしながら出社したら、みんな普段どおりに接してくれた。応援や激励までされたり、役員会議では社長が、「今までどおり温かく迎えてあげてほしい」とおっしゃったと後から聞きました。

一斉メールという「直球」を放ったワケ

──すでに社内では「総務部長、最近女っぽくない?」とうわさされていたそうですが、あえてその流れに任せず、一斉メールという直球を放ったのはなぜですか。

岡部 鈴(おかべ りん)/1963年生まれ。長崎大学水産学部中退、九州電子計算機専門学校卒業。プログラマー、化粧品会社などを経て、電通ヤング・アンド・ルビカムIT部門スタッフ、総務部長。現在は社名変更した電通イースリーのファイナンス部ディレクター。表記名は通名(撮影:尾形文繁)

総務部長というのは社員の働きやすさ、困り事を受け止める女房役、下宿のおかみさんみたいな役割なんです。そうした信頼関係に疑心暗鬼というか「この人、大丈夫か」と思われたら、総務部長をやっていくうえで障害になる。だったら本当の自分をカミングアウトしたうえで、「これからもよろしく」って言ったほうが、絶対にうまくいくと思ったんです。

あの頃はまだ、性同一性障害という診断名を言い訳というか、手っ取り早い言葉として利用していました。今はそれをとても後悔しています。単に女性として生きたいという生き方の選択なんです。「心身ともに健康なトランスジェンダー女性です」と胸を張って自己紹介していきたい。トランスジェンダーであることが苦ではないし、病気でもない。こうした選択を自然にでき、また受容される社会であってほしいと願っています。

次ページいつか時が来たら息子が読んでくれるといい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。