北朝鮮建国70周年イベント「苛烈練習」の実態

子どもたちが深夜まで行進の練習をしている

(動画:北朝鮮ニュース)

平壌では、9月9日に北朝鮮創立70周年を記念して行われる大規模なパレードとマスゲームに向けた準備が本格化しつつある。

本記事はNK News(北朝鮮ニュース)の翻訳記事です

金日成広場やその近くにあるオープンエリアで予定されている「松明の行進」のために、中学生から大学生までの子どもたちが練習している姿が8月下旬に頻繁に目撃されている。

今回、平壌アイスリンク周辺など、通常パレードを行うのとは異なる場所でも練習が行われている。消息筋は、金日成広場での終日訓練の後、「何千人もの人々」が地面で眠っているのを目撃したと証言する。この訓練は翌朝にはまた再開されたという。

深夜まで練習

平壌の市内各所では、深夜午前1時を過ぎても練習が行われており、消息筋によると、夜遅くにトラックの後部で眠っている若い子どもたちのグループも目撃したという。ある消息筋は、これほどに激しいレベルの準備は見たことがないという。

0時過ぎ、金日成広場で地べたに眠っている人々(写真:北朝鮮ニュース)

北朝鮮ニュース(NK News)が入手した写真と動画には、メガホンを使った監督者から指示を受け、行進しながら模擬松明を運ぶ、白いシャツと帽子を着用した学生が数千人写っている。

学生の多くは、練習の間に休憩しながら、携帯電話やその他の電子機器を使っている様子も伺える。

次ページプロパガンダパネル
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。