神戸新聞が生んだ「高校野球」自動戦評の裏側

プログラマーではない社員のアイデアだった

試合の流れがあっという間にわかる原稿がリアルタイムで(写真:神戸新聞社)
兵庫県の地元紙として、愛されてきた神戸新聞社。創刊120周年を迎えた同社はこの夏、AIを活用して高校野球(東・西兵庫大会)の試合戦評を自動生成し、Twitterで配信する取り組みを始めました。
その名も「経過戦評ロボットくん」。球場で集めたデータを読み込むと、あっという間に試合の流れがわかる原稿がリアルタイムで出来上がります。
このAIを開発したのは「日曜プログラマー」を自称する社員。雑談をきっかけに業務外で始めた作業が、注目を集める情報配信につながりました。なぜ地方の新聞社がAIに取り組んだのか? 企画総務局教育ICT室の武藤邦生さんと、デジタル事業局メディアプロモート室の川上隆宏さんに聞きました。

社内のノンプログラマーが業務外で開発をスタート

――どうしてAIを活用して原稿を自動生成しようとなったのでしょうか。「高校野球」をテーマに取り組んだ理由も気になります。

本記事はnews HACK by Yahoo!ニュース(運営:ヤフー)の提供記事です

川上:弊社が運営するウェブサイト「神戸新聞NEXT」(以下、NEXT)では、高校野球コンテンツの人気が高く、これまでも全試合イニング速報を行ってきたほか、一部の記事や選手名鑑などは有料コンテンツとして提供してきました。

より使いやすいサイトを目指して、この春に高校野球ページのリニューアルをしたのですが、その際に目玉となる有料コンテンツとして「一打席速報」を追加しました。球場にいるデータ入力者が「4番 富永 レフト二塁打 二死 二塁」のように一打席ごとの詳細な結果を打ち込んで、試合の流れをリアルタイムで配信していく取り組みです。

(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)
次ページ何か面白いことができないか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT