デジタルガレージ、サンフランシスコに新拠点

スタートアップの支援施設をオープンする狙いとは?

開所式のリボンカットに訪れたサンフランシスコ市のエドウィン・リー市長(写真中央)。その左がデジタルガレージの創業者でもあるMITメディアラボの伊藤穣一所長。市長の右がデジタルガレージの林郁CEO

ネットサービスやモバイル事業を手掛けるデジタルガレージは11月5日、 サンフランシスコで起業育成事業を行うDG717の立ち上げを発表した。サンフランシスコの目抜き通り、マーケットストリート717番地のビル1階には新しいベンチャー企業(スタートアップ)のインキュベーションセンターを設置。2階にはパートナー企業のネオ・イノベーション(Neo Innovation)やニュー・コンテキスト・サービジシズ(New Context Services)を含む7~8社とのオフィススペースを開設予定だ。

オフィスのレンタル料は検討中で、実際に開所するのは12月1日頃。サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長も、開始記念会のリボンカットに駆けつけた。目抜き通りのマーケットストリートにインキュベーションセンターが出来るのは初めて。「サンフランシスコでは今日をデジタルガレージの日とする」という市長の挨拶に、会場は沸いた。

入所は誰にでもオープン

「東京とサンフランシスコは30年以上にわたり、技術革新における世界のリーダーだと思う。サンフランシスコにおける新しいインキュベーターとして、可能性に満ちた事業がスタートする」と林郁CEOは挨拶をした。

インキュベーションセンターへの入所を希望するスタートアップは申請を出し、デジタルガレージが承認してから入居する。デジタルガレージは自社の資金を使う体制も備え、起業初期の1社当たりに10万ドル以上、数億ドルまでの投資の準備がある。

インキュベーションにあたっては成長を最優先する。まずは製品を出し、フィードバックを得てから改善していく方式により、早いビジネスの拡大を目指す。「MITメディアラボの伊藤穣一氏と同じだと思うが、ウェラブル機器などハードウェアの起業に注目している」(林CEO)。

次ページ世界を目指すスタートアップを支援
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT