1ドル=109円台、寄り付きの日経平均は続落

トランプ大統領による利上げ牽制発言が影響

 8月21日、寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比88円46銭安の2万2110円54銭となり、続落して始まった。写真は都内の株価ボードの前で2015年8月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比88円46銭安の2万2110円54銭となり、続落して始まった。トランプ米大統領による利上げ牽制発言を受け、外為市場で1ドル109円台まで円高に振れたことが嫌気された。寄り後に下げ幅は100円を超えている。今週予定されている米中通商協議などの日程を控え、市場には様子見姿勢も広がっている。業種別では、ガラス・土石、保険、非鉄金属などが安い。半面、鉄鋼、石油関連、その他金融などはしっかり。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT