1ドル=109円台、寄り付きの日経平均は続落

トランプ大統領による利上げ牽制発言が影響

 8月21日、寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比88円46銭安の2万2110円54銭となり、続落して始まった。写真は都内の株価ボードの前で2015年8月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比88円46銭安の2万2110円54銭となり、続落して始まった。トランプ米大統領による利上げ牽制発言を受け、外為市場で1ドル109円台まで円高に振れたことが嫌気された。寄り後に下げ幅は100円を超えている。今週予定されている米中通商協議などの日程を控え、市場には様子見姿勢も広がっている。業種別では、ガラス・土石、保険、非鉄金属などが安い。半面、鉄鋼、石油関連、その他金融などはしっかり。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。