高速道路「途中下車」ひそかに進む実験の効用

観光振興に限らず給油インフラ減少に対応も

このガソリンスタンドの空白地帯については、多くの実態リポートがネット上で見られるので、ここでは詳しく触れないが、近年ガソリンスタンドの経営状況が悪化、一般道でも、たとえばある自治体でガソリンスタンドが撤退して域内に1つもガソリンスタンドがないという状態になって困っているという例がよくニュースで取り上げられているが、高速道路でも状況は同じである。

一時退出を駆使した賢い高速道路の利用法

一時退出実験の対象「道の駅」(国土交通省HPより)

冒頭の観光やグルメの旅のためではなく、ガソリン切れを起こして高速道路上で車が立ち往生することがないよう、一般道のガソリンスタンドの利用を高速道路の通行者にも組み込もうという社会実験である。

「ガス欠」は最も初歩的な運転上のトラブルだが、高速道路ではなかなか減っていないことから、こうした試みが行われている。私たちとしてはどこでこうした一時退出の社会実験が行われているのか、という情報を正確に把握し、まずはガソリンを切らさないために、そしてこちらが本来の姿だが、地域ならではの味や土産物を通して地域の文化に触れる貴重な機会として、「一時退出」を駆使して旅や出張を豊かにするのが、賢い高速道路の利用法といえそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。