激辛麺が猛暑にコンビニで売れた珍事の真相 この夏、冷し麺とアイスも予想以上に売れた

拡大
縮小

氷菓つながりで忘れてはならない夏ヒット商品を挙げておこう。ファミリーマート(以下ファミマ)の「フラッペ」。特に暑さが厳しかった7月半ばには前年売上比約2倍をマークしたという。

少し涼しくなると、ちょっとリッチな「生チョコ仕立ての濃厚ショコラフラッペ」が売れ出す(写真:ファミリーマート)

この「フラッペ」、冷凍庫にある氷カップにコーヒーメーカーから温かいミルクを注いで氷を溶かして食べる(飲む)商品なのだが、正直いうと「自分でカップにミルクを注がねばならない点」が、うだる暑さの中、面倒くさいのではと思っていた。

だが、フタを開ければ逆だった。

「フラッペは、ものすごくいい天気の土日によく売れました。観光地でついソフトクリームを買ってしまうように、暑い中外出すると開放感が欲しくなるのかもしれません」(ファミマ商品担当者)

面白い心理だと思う。同じコーヒーマシンの前に立つなら普通のアイスコーヒーやアイスラテを選べば早く涼むことができるものを、いちいち氷をストローでシャカシャカ溶かさねば飲めないフラッペに引かれるのは、炎天下、ちょっとしたアクションを楽しみたい“遊び心”が増幅したからではないだろうか。この夏、フラッペデビューした人の気持ちはわかる。

コンビニ3社にとって予想外に「売れたもの」

次は、珍しい売れ方をしたモノをチェックしよう。前出の北澤さんに聞いて、おもしろいなと感じたのは「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」が2割増しの売れ行きで、夏のカップ麺カテゴリーを牽引しました」という話だ。

「蒙古タンメン中本」といえば、ラーメン好きなら誰もが知っている有名店。そのカップ麺(セブンのオリジナル商品)なのだから、すでにファンがついている定番だ。

だが、35~40℃という酷暑の中、温かい麺をすすりたくなるだろうか。しかもご存じのとおり辛くて刺激的な味だ。「暑いときにカレーを食べるとうまい」という発想と同じなのだろうか。

次ページ売れた理由は、2つ考えられる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT