タクシー運転手の半減がありうる納得のワケ

テクノロジーの超進化が変える輸送の未来

もうひとつ起こりうる大きな変化がある。ドライバーが必要とされなくなれば、当然ながらタクシー会社がドライバーを雇用する必要がなくなる。つまり、「人材の確保やその教育」などはしなくてもよくなり、「運行車両の調達」さえできればいいことになる。そうすると、車両を調達するために必要な資金を手当てすることが得意なプレーヤーが輸送サービスに参入してきてもおかしくはない。

ここで想定しているのは単独車における完全な自動運転であり、安全に運行されることが前提のため、これまで運行を経験したことがないプレーヤーでも自ら事業に参入してくるだろう。

新しい環境で「勝者」が変わる可能性

では、ここまで見てきたような新しい環境では、どのようなプレーヤーが勝者となるのだろうか? 端的にいえば、

・車両を調達できる資金を手当てできるプレーヤー
 ・より多くの利用者を集客できるプレーヤー

がその条件を満たすといえる。

『テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図』(クロスメディア・パブリッシング)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

前者に関していえば、資金もあり、また自動車そのものを製造している自動車メーカーは輸送サービスのプレーヤーとして資格がある。

また、後者でいえば、利用者をより多く抱えている、また日ごろの接点の数が多いプレーヤーが該当する。いまある配車サービスのウーバーやリフトなどが将来もユーザーを増やしていけるのであれば、(単に技術だけではなく、日本の政策・法律的な兼ね合いも多分にあるが)将来、この領域でさらに存在感を示しているかもしれない。

もっとも、輸送サービス以外でサービスを展開し、すでに多くのユーザーを抱えている企業が参入することもありうる。

たとえば、先ほどDiDiとの協業で触れたが、ソフトバンクでいえば、同社の携帯電話の契約数は、2017年12月時点で3950万件もある。もちろん契約者すべてが移動サービスのユーザーとなるわけではないが、これは新しいサービスを始める基盤としては十分すぎる数だ。もっとも、NTTドコモの契約者数は7500万件、auも5000万件を超えており、両社とも移動サービスを始めるというのであれば、納得感は十分にあるだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。