タクシー運転手の半減がありうる納得のワケ

テクノロジーの超進化が変える輸送の未来

一方、輸送人員が大きく減少しているのに対して、実はタクシーの車両数はそれほど大きく減ってはいない。

車両数は2002年2月の規制緩和以降は増加したが、確かに2006年をピークにして、その後は減少を始めている。ただ、1989年に約26万台だったものが、2016年に23万台に減った程度で、変化としては9%減少したにすぎない。輸送人員数が56%も減ったのとは大きな差である。

こうして見ると、タクシー業界の再編は極端に進んでいないことがわかる。

業界首位の第一交通産業グループの2017年6月末時点のタクシー認可台数は8482台だ。しかし、同社の台数がタクシー業界全体に占める比率はわずか4%に満たない。また業界第2位である日本交通グループは、2017年5月末現在でタクシーが5424台(うち連結会社3429台および業務提携会社1955台の合計)となっている。

全国のタクシー事業者は、国土交通省によれば、2014年3月末時点で、法人タクシーが6456社、個人タクシーが3万8112事業者、合計すると4万4568事業者も存在する。また、運転者は法人タクシーでは31万8942人で、個人タクシーは1台につき1人とすれば3万8112人である。両者を合計すると35万7054人ということになる。

業界全体での営業収入は1兆6753億円と、タクシー市場自体は決して小さくはないものの、プレーヤーの数が多すぎるために、全体で見て効率的な運用がされているかは疑問である。輸送人員が大きく減少している一方で、タクシー全体の台数が減少していないということは、つまり「1台当たりの稼働率が大きく下がっている」ということである。

ソフトバンクは中国の配車アプリと協業

2018年2月に、中国の自動車配車サービスである滴滴出行(DiDi)とソフトバンクが、日本のタクシー事業者向けサービスにおいて協業すると発表した。同リリースの中では、以下のように協業の狙いがコメントされている。

「DiDiとソフトバンクは、DiDiが持つ深層学習をベースにした需要予測とスマート配車システムに、ソフトバンクの日本国内の事業基盤と知見を掛け合わせることで、日本のタクシー配車サービスをより最適化し、利用者の利便性向上を図ることができると考えています」

また、今回のサービスは「日本の全タクシー事業者が導入可能なオープンで中立的なプラットフォームの構築を目指します」とされている。

そうした中、2017年10月に第一交通産業がDiDiと連携するという報道や、2018年2月にウーバーテクノロジーズと提携を協議しているなどの報道があり、配車アプリと大手タクシー会社を中心に連携が進みそうである。

次ページ今後はどのようなことが起きるのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。