トルコリラ安で外国客が高級品を「爆買い」

エルドアン大統領「おいでイスタンブール」!?

 8月13日、トルコの通貨リラが急落する中、これを利用してイスタンブールの高級品店街で買い物しようと、外国からの観光客が殺到している(2018年 ロイター/Murad Sezer)

[イスタンブール 13日 ロイター] - トルコの通貨リラが急落する中、これを利用してイスタンブールの高級品店街で買い物しようと、外国からの観光客が殺到している。

シャネルやルイ・ヴィトンの店では、アラブ人観光客を中心とする列が店外を取り巻くほど伸びて、ほとんど動かない状態。

エルドアン大統領の影響力に対する懸念や米国との関係悪化などから、今年に入りリラは対ドルで40%以上下落している。大統領は、重大な時期にドルを持ち込んでくれる観光客を一段ともてなすよう国民に呼びかけている。

ある高級服飾店の従業員は匿名で、ハイシーズン中にしても買い物客の人数は異例と指摘。リラ安が原因との見方を示した。

クウェートからの観光客は、「トルコのためには相場が改善するよう願うが、ここにいる買い物客のためにはこのままであるよう願う」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。