トランプ大統領、トルコからの輸入関税2倍に

アルミニウムは20%、鉄鋼は50%へ引き上げ

 8月10日、トランプ米大統領は、トルコからの輸入関税について、アルミニウムを20%、鉄鋼を50%に引き上げることを承認したことを明らかにした(2018年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、トルコからの輸入関税について、アルミニウムを20%、鉄鋼を50%に引き上げることを承認したことを明らかにした。

トランプ大統領はツイッターで「トルコリラがわれわれの非常に強いドルに対し急落していることを受け、たった今、トルコに関して鉄鋼とアルミニウム関税を倍に引き上げることを承認した!」とし、「関税率はアルミニウムが20%、鉄鋼が50%となる。われわれのトルコとの関係は現在は良くない!」とした。

ホワイトハウスはその後、トランプ大統領は通商拡大法232条に基づき、トルコから輸入するアルミニウムと鉄鋼に掛ける関税率の引き上げを承認したと表明。ホワイトハウスのウォルターズ副報道官は声明で「232条に基づく関税は、特定の国からの輸入が国家安全保障に対する脅威となる時に発動される」とした。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。