トランプ大統領、トルコからの輸入関税2倍に

アルミニウムは20%、鉄鋼は50%へ引き上げ

 8月10日、トランプ米大統領は、トルコからの輸入関税について、アルミニウムを20%、鉄鋼を50%に引き上げることを承認したことを明らかにした(2018年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、トルコからの輸入関税について、アルミニウムを20%、鉄鋼を50%に引き上げることを承認したことを明らかにした。

トランプ大統領はツイッターで「トルコリラがわれわれの非常に強いドルに対し急落していることを受け、たった今、トルコに関して鉄鋼とアルミニウム関税を倍に引き上げることを承認した!」とし、「関税率はアルミニウムが20%、鉄鋼が50%となる。われわれのトルコとの関係は現在は良くない!」とした。

ホワイトハウスはその後、トランプ大統領は通商拡大法232条に基づき、トルコから輸入するアルミニウムと鉄鋼に掛ける関税率の引き上げを承認したと表明。ホワイトハウスのウォルターズ副報道官は声明で「232条に基づく関税は、特定の国からの輸入が国家安全保障に対する脅威となる時に発動される」とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT