若い女の子がチヤホヤされる「日本的な事情」

坂東眞理子「私がいま考える、女性の美学」

第2は、セクハラが怖い。これも慣れていないからでもありますが、どこまでは許されてどこからはアウトか、わからない。セクハラについての認識があいまいで相手次第で冗談のつもりでもセクハラと批判される。さわらぬ神にたたりなしとばかり、職場の中堅女性には、気楽な会話ができないで身構えてしまう。その点、若い女性はそこまで批判はしないと甘く考えているのです。

第3は、男性が自分の能力に自信がないことです。若くて未熟な女性には優位に立てるけれど、実力派の女性とはどう対応してよいかわからない。自分のできないことができる女性というのは煙たい。

これはまったく20世紀的価値観なのですが、男性は女性より優位に立って教えたり指導するべきだと思い込んでいる男性も多く、「できる女性」「えらい女性」は敬遠してしまう。女性から正論を言われると、「やりこめられた」「批判された」と過剰反応してしまう。

腹立たしいことではあり、男性のほうに問題があるのは明らかですが、これは過渡期の現象です。残念ながら過去の日本の職場では女性は男性と対等に扱われず、一段下に見られてきました。男性が実力派の女性と協力したり、指示を受けた経験がないのです。

年齢や見た目以外で、女性が理解される時代に

きっともう少し経てば小学校から大学まで優れた女性に兜(かぶと)を脱いだ経験を持つ男性たちが増えてくるでしょう。女性にもいろんな人柄の違いがあり、能力には差があり、いろいろな適性を持っており、単純に年齢や見た目で割り切れないと理解している男性が増えてくることを期待できます。そうなれば一部の外資系の職場などがそうであるように、女性にも厳しい能力評価をし、ライバル視してくるでしょう。

若い女性に甘い男性たちに、むかっとするのではなく、「若い子の未熟さに救われている未熟な男性たちね」と心の底で思ってみるのはどうでしょう。

また、若くてちやほやされている女性も、若さが通用するのは3、4年。新しく後輩たちが入り、本人が仕事が少しわかってくるとちやほやはされなくなってきます。そこからどうするか、が女性のキャリアの正念場です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT