「愛媛のみかん」豪雨で受けた甚大被害の全容

宇和島市の農業関係で150億円にも上る

宇和島市吉田町 目の前の山は大半が土砂崩れを起こし、みかん畑を流し去った=7月25日撮影(写真:GARDEN Journalism)

「全国の皆さんに伝えてほしいのです。農家を支えてもらえませんか?」

本記事はGARDEN Journalism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

そんな連絡を受け2018年7月25日に愛媛県宇和島市吉田町を訪ねました。

愛媛県といえば、温州みかんや伊予柑、ブラッドオレンジなど、柑橘類の生産日本一を誇る一大産地。1年を通して温暖で晴れの日が多く、畑の土も水はけがよく栄養分を多く含んでいることから柑橘類の栽培に適した地域です。

愛媛県でのみかんの栽培は、江戸時代の終わりごろ、宇和島市吉田町で伊勢参りや四国巡礼で手に入れたみかんの苗木を植えたのがはじまりとされています。

豪雨災害でみかん農家が深刻な打撃「必ず秋に出荷する」と奮闘する農家に密着 愛媛県宇和島市吉田町

ところが、今回の西日本豪雨によってその吉田町では壊滅的な被害が発生しました。町の至る所で土砂が崩れ、みかん畑が飲み込まれ、手塩にかけて守り育ててきた木々が流されてしまったのです。

宇和島市の農業関係 被害総額150億円のインパクト

宇和島市によりますと、7月25日現在で、農地やため池など1700件以上に被害が出たということです。まだ被害の全容は把握できていません。愛媛県の発表によると、いまわかっている範囲での被害総額は宇和島市の農業関係全体で150億円近くにも上ります。今後、生産を続けられる農家がどのくらいいるのかなど詳しい実態調査はこれからです。

宇和島市吉田町では豪雨による土砂崩れで柑橘畑が崩落し、木々が海まで流された場所も(写真:GARDEN Journalism)
次ページ今も断水が続いている
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT