意外と知らない「カバディ女子」のスゴい奮闘

アジア大会で活躍を目指す日本代表選手は?

カバディの試合会場へ足を運んでみると、2つのことに気づく。1つは「カバディ」と連呼する攻撃側の声が非常に小さいという点だ。耳をこらさないと、聞き取ることができない。選手によれば、「審判に聞こえる程度で構わない」という。

だが、息継ぎすることなく、「カバディ」という言葉を繰り返さなければならない。鼻をすすったり、咳払いしたりして途切れると、審判から即座に「キャント・アウト」との宣告を受けてしまう。一時退出させられて、守備側にポイントが入る。

もう1つはコンタクトプレーの激しさだ。守備側は乗り込んできた攻撃側の選手が自陣へ戻るのを防ごうと、束になって押さえ込みにかかる。

攻撃側の選手も防御網をかいくぐって自陣へ戻ろうと必死。指1本でも自陣のコートにタッチすれば生還と認められる。攻撃側と守備側の攻防は「半端ない」迫力だ。

両者のぶつかり合いはラグビーの接点でのプレーを彷彿とさせる。ラグビーには「ダブルタックル」と呼ばれるディフェンスの戦術がある。選手の1人がボールを持って突進してきた相手選手の足元に低く入り、別の選手が上半身にヒットするプレーだ。

カバディの場合、「ダブル」とは限らず最大7人で1人の選手をタックル。そのシーンを目の当たりにすると、「そんなに大勢で押さえつけなくてもいいのに」とも思えてしまう。いきおい、選手にはケガが絶えない。

カバディ選手の多くは転向組

日本の高校や大学にカバディ部があるのはわずか。選手の大半は他の競技からの転向組だ。

実は筆者の勤務する東京・西巣鴨の大正大学はカバディのパイオニアともいえる存在。全国の大学で唯一、男女とも体育会のカバディ部がある。

女子カバディ部3年の上倉のぞみさんも転向組の1人だ。

大正大学カバディ部3年の上倉のぞみさん(右)と佐藤夏光さん。いずれも中心選手としてチームを引っ張っている(筆者撮影)

中学・高校の6年間はソフトボール部の主力選手としてクリーンナップを任されていた。

大学にはソフトボール部がなく、ほかの競技をしようと考えていたところ、カバディ部の先輩に誘われて入部を決意した。

決め手になったのは、「頑張れば日本代表になることができる」との先輩の言葉だ。

大学では現在、中心選手として活躍。日本代表の強化指定選手にも選ばれた。

次ページ今年のアジア大会で念願のメダル獲得なるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT