意外と知らない「カバディ女子」のスゴい奮闘

アジア大会で活躍を目指す日本代表選手は?

今回のアジア大会で女子代表に選出された緑川千春さん(21)がカバディを始めたのは高校3年生の秋のこと。バドミントン部を引退した直後、カバディの大会に借り出されて参加した。

8月のジャカルタ・アジア大会の日本代表に選ばれた緑川千春さん(筆者撮影)

バドミントンに打ち込んでいたときには、カバディに関して「同じ体育館の片隅で練習している」程度の認識にすぎなかったが、試合に出てみると「仲間との一体感が心地よかった」。それ以降、カバディへのめり込んでいく。

大会での活躍が認められて、年明けには日本代表強化指定選手に選出。カバディへ転向後、半年足らずで代表の座を射止めた。2015年10月には韓国遠征へ参加。その後も代表選手としてイラン、台湾など海外での試合経験を積み重ねている。

今後の練習環境の整備が課題となる

ただ、日本代表とはいっても、海外遠征では選手が自腹を切って旅費の一部を賄うケースがほとんどだという。緑川さんは週4回の合同練習やトレーニングの傍ら、東京・王子の保育園にパートの保育士として週5回勤務。給料を遠征費などに充てている。もともと保育士になるのが夢だったとはいえ、「(代表チームに大きな)スポンサーが欲しい」と緑川さんはこぼす。

選手としての練習をする傍らで保育士として勤務している(筆者撮影)

世界で現在、インドに次ぐ強豪と言われるのが韓国代表だ。「彼女たちはいつもチームで一緒に行動しており、とても仲がいい」(緑川さん)。

スピードスケートの日本女子パシュート団体のメンバーが今年2月の平昌五輪でチームワークを武器に金メダルを勝ち取ったのは記憶に新しい。

彼女たちの一体感を醸成したのは長期にわたる共同生活。1年のうち、300日以上も寝食を共にしていた。緑川さんは練習環境の面で、韓国チームとの彼我(ひが)の差を痛感している。

だが、今回のアジア大会の結果いかんで周囲のカバディに対する見方も変わるかもしれない。男子チームは2010年に中国・広州で開かれた大会で銅メダルを獲得したが、女子は初参加となった2014年の韓国・仁川大会で1次リーグ敗退に終わった。

「カバディを保育園の子どもたちの遊びに取り入れたい」と話す緑川さん。念願のメダルを手にすれば、競技者人口の裾野を広げようという緑川さんの思いも一歩、実現へ近づくはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT