40代で「最強のメンタル」に変わるイメトレ法

「レジェンド葛西紀明」も実践!その方法は?

「イメージトレーニング」の手順とは?(撮影:尾形文繁)
史上最多の計8回の冬季オリンピックに出場した、スキージャンプ選手として20年以上のキャリアを持つ葛西紀明選手。41歳で自己最高の「個人銀メダル」を獲得し、45歳の今なお一線級の成績をマークする葛西選手は「レジェンド」と称され、国内にとどまらず海外でも尊敬を集めている。
その葛西選手が35年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』には何が書かれているのか。書籍の内容を再編集しながら、その極意を紹介していく。

「不安」と「緊張」は想像以上にメンタルを弱める

20代で大きな挫折を体験したことをきっかけに、私は『40代で「折れない心」にみるみる変わる5習慣』などの「メンタル改革」に取り組んできました。

20代の頃は、「これ以上できない」というほど過酷なトレーニングを積みながらも、本番では、力を発揮できないことが続きました。

どん底の中、ヒントをくれたのはフィンランド人コーチで、「いまもっている技術をいかに効果的に発揮するか」というメンタルコントロール法を教わりました。

そこから、私が本格的に取り入れたのが「イメージトレーニング」です。イメージトレーニングとは、理想の自分の姿やシーンを思い浮かべることで、成功体験をくり返し脳に記憶させる訓練のことです。

私はこれを繰り返すことで自信をつけ、「不安」と「緊張」を払拭。次第に本番でも実力を発揮できるようになっていきました。

今回は、私が実践している「イメージトレーニング」の手順を紹介していきます。

次ページ「具体的なやり方」は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。