「全盲と弱視」それでも彼女が明るく笑うワケ

小2からの寮生活、上京、そして仕事と恋

少しずつ自立していった松田さんだが、高等部を卒業する直前、厳しい現実に直面する。就職だ。

視覚障害のため情報の吸収量が少なく、勉強が遅れがちだった松田さん。所属していたのは、学力が低いとされるクラス。社会に出た後、就ける仕事は工場での下請け作業などしかなく、月給3万円が当たり前という世界だった。しかも生徒たちは、その状況に疑問すら覚えない人がほとんど。ここから抜け出さなくてはいけない、と松田さんは強く感じるようになった。

「学力や大人の決めた基準で差別されて、本位でないところに行かなくてはならない気持ち悪さ、おかしさを感じていました。私は一般社会のなかで生きたいとすごく思っていたし、自分の本当の力量を図れるところに出たい、と思っていました」

そして松田さんは上京を決意する。静岡は好きだったが、視覚障害者が活躍できるチャンスは少ない。東京なら、1000社を訪ねれば、1社くらい働かせてもらえるかもしれない、という思いがあった。

「座っていることがあなたの仕事」と言われ……

茶目っ気たっぷりのステッカーで飾られたノートPCで作業する松田さん(撮影:尾形文繁)

こうして東京で就職することはできたが、活躍の機会には恵まれなかった。仕事をしたくても「座っていることがあなたの仕事」と何も任されず、ときに「給料泥棒」と言葉を浴びせられたこともあった。

「私の力量が足りなかったと思うんですけど、悔しかったですね。人並みに働いて、役に立った対価としてお給料をいただきたかった。それなのに、座ったままでいいのだろうかと。『こんなこともできます、任せてください』って提案もしたんですけど、実現には結び付かなくて。する仕事がないから、ほったらかしにされていたこともたくさんありました」

会社は戦力として採用したのではなく、障害者を雇用しているという実績が欲しかっただけだったのか、と落胆した。何社か会社を移っても同様だった。もどかしさを抱えるなか、障害や難病を抱えた女性を応援するフリーペーパー「Co-Co Life☆女子部」の制作に、ボランティアとして携わることになった。そこでテープ起こしをしたことが松田さんの運命を変えた。

「言語障害のある方や、複数人の対談の音源をテキスト化していたんです。そうしたら、編集スタッフの間で『昌美ちゃんのテープ起こしはいい!』と広まって。テープ起こしをたくさん抱えてパンクしそうな人がいる、って紹介してくれたんです」

次ページ締め切りに追われる、充実した日々
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT