「全盲と弱視」それでも彼女が明るく笑うワケ

小2からの寮生活、上京、そして仕事と恋

仕事としてテープ起こしを受けた松田さん。そのクオリティに、依頼主も大満足だった。能力を生かし、もっとテープ起こしを請けるべきだと助言され、立ち上げたWEBサイトが反響を呼んだ。依頼が相次ぎ、2017年末に会社を退職。“ブラインドライター”という造語を掲げ、テープ起こしの請負専門として独立した。現在、ほぼ毎日のように締め切りに追われているという。

「休みはほとんどないです。依頼があれば、ゴールデンウイークでも年末年始でも、帰省しているときも仕事しています。お母さんはよく拗ねてますよ、せっかく(実家に)帰ってきたのに、って(笑)」

その活動はブラインドライターだけにとどまらない。2018年2月に「Co-CoLife☆女子部」が、障害・難病を抱えた方専門のタレント事務所を立ち上げ、松田さんも所属することになったのだ。これからしていきたいことについて、目を輝かせながら話す。

「浜崎あゆみさんと一緒にお仕事したいです! 大好きすぎて、もし会ったら失神しちゃうかもしれない(笑)。あとドラマや映画で、視覚障害者の役を当事者の私が演じたいです。モデルとしてファッション誌にも載りたいですし、シャンプーや化粧品のCMにも出たい。本も書きたいです」

障害があるからと言って、限られた選択肢のなかだけで生きたくない。あらゆる可能性のなかから、自分のしたいことをしていきたい。そんな思いを松田さんは強く持っている。オシャレや化粧や恋愛についても同様だ。

「目が見えないのに何でお化粧するの、何でオシャレするの、って言われることがあります。けれど、何でしたらいけないのって思う。恋愛もそう。視力がなくても恋愛はしていきたいですね。これまでも、自分の力が足りないからこの人には届かない、と思ったことはあっても、視覚に障害があるからという理由で諦めたことはないです」

「全力で今を生きること」それだけを考える

視力が悪いことを言い訳にしない。今を全力で生きることだけを考え、行動してきた。結果、松田さんは道を切り拓いた。彼女にとって、障害の有無はさして大きな問題ではないのかもしれない。生き様を通して、松田さんはそう教えてくれたようだった。

最後に、松田さんの現在の視力の状態について聞いた。残された左目の視力は、いつ失われてもおかしくないと、医師から宣告されているという。度重なる手術によって目の組織が弱り、これ以上処置もできない。しかし、松田さんは悲観していない。何とも彼女らしい、前向きな言葉を、笑顔で語った。

「視力がなくなる怖さはありますが、それで命を奪われるわけではないですし。見えなくなったら見えなくなったで、その後の人生をどうするか考えればいい。私、全力で今を生きることしか考えていないんですよ。子どものころ、網膜が破れるから運動は禁止されていたのですが、体育も球技もマラソンも全部やりましたから(笑)。そのスタンスは今も変わっていません」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT