ホンダ「N-VAN」軽商用車に新風吹き込めるか

地味な軽バンから脱却、ホビーユースも開拓

「N-VAN」では助手席とスライドドアの間にはピラーはない。ドアに内蔵することで広い間口が実現した(撮影:大澤 誠)

助手席側は側面衝突から車を守るのに必要なピラーをスライドドアに内蔵したことで、ドアを開けた時の間口が広くなった。これにより、荷物の積み卸しの効率が上がる。さらに、助手席には前に倒すと下に沈み込む「ダイブダウン」型を採用。助手席と後部座席を倒せば、まったく段差のないフルフラットになるのがポイントだ。この助手席開発には興味深いエピソードがある。

「N-VAN」では、座席を前に倒すことで助手席から後部座席までフルフラットになる(写真:ホンダ)

N-VANは2代目のN-BOXと並行して開発されていた。N-BOXでは、前後に57センチメートル動かせることで、助手席側のドアから運転席に移動できる「助手席スーパースライドシート」が採用されている。この機能の導入には、車両の中央にある燃料タンクを薄くする必要があった。

当初は「この機能のためだけにコストをかける価値があるか」という疑問の声も出た。しかし、同じプラットホーム(車台)を使うN-VANで、完全なフルフラットシートを実現するためにも、燃料タンクを薄くすることにしたという。まさにNシリーズのシナジーが発揮されたといえる。運転席も180度に倒すことができる。

仕事用だがホビーユースも狙う

「N-VAN」の発表会の会場には、物販用にカウンターを設置した車両が展示されていた(撮影:大澤 誠)

予約注文の約3割がハイグレードモデルのCOOL・FUNだ。このグレードは「あくまで仕事用」(N-VAN開発責任者の古館茂氏)としたうえで、若い人が楽しみながら働けるようなモデルを目指した。加えて意識しているのが、一般ユーザーのホビーユースだ。高い天井と広い車内空間が強みとあって、車中泊向けのニーズは高そうだ。

ホンダの用品メーカー、ホンダアクセスが提案する「N-VAN」での車中泊のイメージ(撮影:大澤 誠)

ホンダの用品メーカーであるホンダアクセスも、車中泊グッズやアウトドア向け商品の使い方を提案する。車中泊での利用も想定して、電源を外部から取り込む装備のオプションも設けた。担当者は「N-VANについては、用品の注文が計画の倍くらい入っている」と明かす。

次ページ軽キャンピングカー市場からも注目
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。