「学校基準のいい子」でない子をどうすべきか

「ご家庭で指導を」に悩む親は少なくない

1)「別に苦手なことを我慢してまで継続する必要はない」と考える場合

この場合、家庭では子どもが好きなことや、得意なことを追求できる環境を作って自己肯定感を引きあげましょう。学校からのコメントについては、「先生がおっしゃる考え方もあるけども、私はそうは思わない」と決める。そして一度決めたら、「もしかしたら私は間違っているかも」とブレないようにします。

親の働き掛けによって自己肯定感が上がると、先生が指摘していたようなことが自然と改善する場合があります。しかし、その改善は必ずではないので、事前に期待をしないようにしてください。子どもの自己肯定感を高めることに集中すればよいでしょう。

「我慢強い子にしていく」ことに焦点を合わせる

2)「やはり、苦手なことでも我慢して継続するべきだ」と考える場合

『AI時代を生きる 子どもの才能を引き出す「対話力」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

精神訓話をしても子どもには通じませんので、しても意味はありません。苦手なことは、よほどのことがない限り得意にはならないため、「我慢強い子にしていく」ことに焦点を合わせます。

そのためには「苦手なことがどれだけ我慢できるかトレーニング」をします。身近な生活の一部で行います。たとえば、一番わかりやすいのは、食事。嫌いな食べ物をどうすれば食べられるか、「時間」ではかってみましょう。どうすれば食べられるか、何分で食べられるか、タイマーをかけるのです。スマホにタイマーがあるので、それを使って、アラームの音を変えたりして楽しみながらやるのです。

こんなことをやっていると、徐々に苦手をゲーム化し、克服することが習慣化できるようになります。間違っても、学校で指摘されたことを繰り返ししつこく言うのではありません。それをやってしまうと、すべて水の泡になりかねません。本人が学校で指摘されているのに、親がさらに追い打ちをかけてしまうと、もし直そうと思っていてもその気持ちがマイナス方向へいってしまう場合があるからです。

学校で指摘されたような「苦手なこと、嫌なこと」をどうすればやり遂げられるか。日常の些細な出来事を通じてトレーニングしてしまうといいでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。