iPhone「高速充電が標準」という幸せな時代

付属電源アダプタが刷新されるかもしれない

そのためAndroidスマートフォンでは、既存のマイクロUSBコネクタを使いながら、高速充電に対応させたり、規格としてより高速な給電が可能となっているUSB-Cコネクタを活用する動きが数年前から活発化してきた。

2015年発売のMacBookからアップルのノートパソコンに採用されたUSB-Cコネクタ。高速充電に対応するiPhone付属の充電器への採用が見込まれている(筆者撮影)

これまでのiPhoneでも、よりバッテリー容量が大きなiPadに付属するUSB電源アダプタを用いての充電が可能だったが、iPhone 8シリーズ、iPhone Xシリーズでは、MacBookに付属する29WのUSB-Cアダプタと、別売のUSB-C - Lightningケーブルを用いてさらなる高速充電にも対応した。

iPhoneに長らく付属してきた電源アダプタは5Wの出力であり、iPad付属の12W、MacBook付属の30Wの電源アダプタの活用は、数字どおりに速くなるわけではないが、素早く給電するオプションとしては有効だ。

高価な付属品

Apple Storeで取り扱いがある7.5W高速ワイヤレス充電に対応するワイヤレス充電器の1つ、mophie wireless Charge Pad(筆者撮影)

「MacRumors」のiPhone X充電テストによると、バッテリー残量ゼロ%からの充電で、60分経過時点で、5Wの付属アダプタでは39%、12WのiPadアダプタでは72%、18W以上のUSB-Cアダプタでは79%という結果が得られている。

しかし、iPhoneやiPadに付属する充電ケーブルはUSB-AコネクタとLightningコネクタのもので、USB-Cタイプは別売りとなっている。

アップルは1メートルのケーブルを2200円(税抜)で販売しているうえ、MacBookシリーズを持っていなければUSB-C電源アダプタも5200円(税抜)で購入しなければならない。

次ページワイヤレス充電も、「高速」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT