マダムが夢中!「介護福祉のアイドル」の素顔

役者の道を離れて介護予防の道へ

マダムたちを夢中にさせる、介護福祉業界のアイドル、久野秀隆さん。ときには毒舌で彼女たちを”いじる”のも魅力(撮影:今祥雄)

6月26日、神奈川県横須賀市久里浜の八幡町内会館。いかにもローカルな公民館でひと仕事終えた久野秀隆さんに、「俳優の山田孝之さんに似てると言われませんか?」と尋ねると、「めちゃくちゃ言われますね」と苦笑した。

「自動販売機に貼られている山田さんの広告を見て、『あ、先生だ』という方もいますよ。でもね、名前を間違えて憶えている方も多いんです。『先生、やまだたかおさんにそっくり!』なんてよく言われるんですけど、それはきっと笑点で座布団を運んでいる山田隆夫さんで(笑)。どうやら名前がごっちゃになってるみたいですね」

俳優の山田孝之さんの名前を思い出そうとして、笑点の山田隆夫さんの名前が口に出る。なかなかダイナミックな勘違いだが、久野さんにとっては「あるある」なのだ。

山田孝之似の元役者で起業家、かつトレーナー

久野さんの職業は、高齢者を対象に運動を指導する、介護予防トレーナーだ。同業の6人を束ねるベンチャー、be awake社の代表を務める起業家でもあり、神奈川県を中心に年間で延べ6万人のシニアに体操を指導している。そして、そのキャリアを遡れば、ドラマ『ウォーターボーイズ2』や映画『DEAD OR ALIVE 2 逃亡者』に出演していた元役者でもある。

介護福祉業界で異色の経歴を持つ男は、人呼んで「介護予防トレーナーの貴公子」。バレンタインデーには、平均年齢70歳のマダムたちから、およそ500個のプレゼントをもらう、新時代のアイドルなのである。

それにしても、なぜ華やかな役者の道を離れて介護予防の道を選んだのか。芸能界で過ごした時代を振り返ってもらおう。

次ページ『ウォーターボーイズ2』での目覚め
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。