iPhoneがグンと便利になるmacOS驚異の進化

MacからiPhoneのカメラ操作が可能に

WWDC 2018でmacOS Mojaveを発表したAppleシニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギ氏(筆者撮影)

アップルは6月4~8日に開催した世界開発者会議「WWDC 2018」で各種最新ソフトウエアを公開した。その基調講演の最後で紹介されたのが、Mac向けのソフトウエア「macOS Mojave(モハベ)」だ。

今回アップルより情報提供を受け、macOS Mojaveのパブリックベータ版のソフトウエアを試すことができたので、気になる新機能をお伝えする。

なお、ベータ版の各種ソフトウエアはApple Beta Software Programから試用登録が可能だ。アップルはバックアップを取ったうえで、サブとして使っているデバイスでの試用を勧めている。また開発中バージョンの初見であることから、秋の製品版のリリースまでに変更されている機能もある。

Zenを体現する、時を感じる自動整理のデスクトップ

macOS Mojaveの「Mojave」は、世界最高気温を記録したことがあるデスバレーなどを含む砂漠の名前から取っている。これまで、海、山岳と、カリフォルニアの景勝地をMac向けソフトウエアの名前として採用してきたが、今回は砂漠がテーマだ。

新OSのテーマとなっている砂漠の砂山の壁紙は、時間に合わせて4種類に変化を見せる(筆者撮影)

メインとなる壁紙は、おそらくデスバレーのものとみられる砂山が採用されているが、この壁紙には仕掛けがある。1枚だけ用意されたダイナミック壁紙は、時間帯に合わせて変化する。日が沈んでから明け方までの時間帯は夜の風景だが、日が出ると朝の写真に切り替わる。

いうなれば、時を感じるデスクトップだ。

全画面にアプリを広げているとわかりにくいが、時計を気にせず集中していても、なんとなく時間を察することはできる。もっとも、夜明けまで仕事をしていたくはないかもしれないが。

次ページファイルを自動的に分類してまとめてくれる機能
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT