iPhoneがグンと便利になるmacOS驚異の進化

MacからiPhoneのカメラ操作が可能に

WWDC 2018でmacOS Mojaveを発表したAppleシニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギ氏(筆者撮影)

アップルは6月4~8日に開催した世界開発者会議「WWDC 2018」で各種最新ソフトウエアを公開した。その基調講演の最後で紹介されたのが、Mac向けのソフトウエア「macOS Mojave(モハベ)」だ。

今回アップルより情報提供を受け、macOS Mojaveのパブリックベータ版のソフトウエアを試すことができたので、気になる新機能をお伝えする。

なお、ベータ版の各種ソフトウエアはApple Beta Software Programから試用登録が可能だ。アップルはバックアップを取ったうえで、サブとして使っているデバイスでの試用を勧めている。また開発中バージョンの初見であることから、秋の製品版のリリースまでに変更されている機能もある。

Zenを体現する、時を感じる自動整理のデスクトップ

macOS Mojaveの「Mojave」は、世界最高気温を記録したことがあるデスバレーなどを含む砂漠の名前から取っている。これまで、海、山岳と、カリフォルニアの景勝地をMac向けソフトウエアの名前として採用してきたが、今回は砂漠がテーマだ。

新OSのテーマとなっている砂漠の砂山の壁紙は、時間に合わせて4種類に変化を見せる(筆者撮影)

メインとなる壁紙は、おそらくデスバレーのものとみられる砂山が採用されているが、この壁紙には仕掛けがある。1枚だけ用意されたダイナミック壁紙は、時間帯に合わせて変化する。日が沈んでから明け方までの時間帯は夜の風景だが、日が出ると朝の写真に切り替わる。

いうなれば、時を感じるデスクトップだ。

全画面にアプリを広げているとわかりにくいが、時計を気にせず集中していても、なんとなく時間を察することはできる。もっとも、夜明けまで仕事をしていたくはないかもしれないが。

次ページファイルを自動的に分類してまとめてくれる機能
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。