iPhoneがグンと便利になるmacOS驚異の進化

MacからiPhoneのカメラ操作が可能に

ボイスメモはiPhoneに用意された標準アプリの中でも人気があり、ボイスレコーダー代わりにiPhoneを使う方法として活用している人も多い。macOS Mojaveとともに今秋公開予定のiOS 12のボイスメモアプリは刷新され、iCloudでの音声データの同期が実現する。

これまでiPhoneで録音したメモをMacで聞いたり利用する場合、Lightningケーブルを挿してiTunesに取り込むか、iPhoneからAirDropでMacに転送する必要があった。iCloudでの同期を利用すれば、転送作業なしで、録音した音声をそのままMacで聞けるようになる。

しかし動画ほどではないが、音声データも蓄積されればファイルサイズが大きくなりがちだ。iCloudでのボイスメモの同期を生かす場合は、iCloudの追加容量を用意しなければ実用性はないだろう。もちろん、サービス部門の売り上げを伸ばしたいアップルにとっては、非常に有効な戦略と言える。

もう1点は、iPhoneのカメラを利用した連携だ。

MacからiPhoneのカメラを起動して撮影

文書を作成中、写真や書類のキャプチャーを貼り付けたい場合、iPhoneで写真を撮って、その写真をMacに同期するか送信していた。しかしmacOS MojaveとiOS 12を搭載するiPhoneの組み合わせでは、MacからiPhoneのカメラを起動して撮影し、そのデータを直接Macに取り込む機能が用意された。

iPhoneのカメラをMacから起動して写真を取り込むカメラ連携機能は、書類作成時に威力を発揮する(筆者撮影)

通常の写真撮影とドキュメント撮影が利用でき、撮影したそばから文書に貼り込まれるため素早く写真を活用できるようになる。WWDCのデモではアップルのソフトウエア「Keynote」との組み合わせで行われていたが、システムの汎用的な機能であるため、画像挿入が可能などんなアプリからでもこの機能を利用することができる。

macOS Mojaveでもう1つ注目したいのは、手軽な画像のファイル編集だ。ファイルを扱う「Finder」には新たにギャラリー表示が追加され、写真や書類を大きく見やすく表示できる。加えて写真の詳しい撮影情報も表示できるようになった。

次ページ写真アプリやプレビューを開かなくてもいい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。