マクラーレン、6年で年商1000億円の奇跡

ブランドをどう作り、ビジネスに仕立てたか

マクラーレンの歴史には、あらゆる場面にスーパースターの名が散りばめられている(撮影:尾形文繁)

マクラーレンについて説明しようと思うととても多面的で、表現に困る。重要なトピックがさまざまに絡み合っていて、おそらくそのすべてに精通している人はほとんどいない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

東洋経済オンラインに書く以上、高価なスーパーカーの性能がどれだけすごいかを書いても仕方がないので、2011年に最初のモデルをラインオフしてから2016年までのたった6年でスーパーカービジネスを売り上げ1000億円にまで成長させたそのビジネス面を前後編の2回にわたって取り上げたい。

ただ、やっかいなことにその背景としては、長くレースシーンで活躍してきたマクラーレン・ブランドの神話的側面が極めて大きい。だからまずはそのブランドがどう作られ、その中でマクラーレンがいったい何を核としてビジネスを組み立てたのか、という観点から始めよう。

マクラーレンとは何か?

ブルース・マクラーレンというF1黎明期の重大革命に立ち会ったレーシングドライバーを起点に、F1、ル・マン、カンナムなどさまざまな世界的レースを制したレーシングカーコンストラクターの顔を持ち、20世紀の到達点としてのロードカー「マクラーレンF1」を産んだロードカーメーカーであり、2009年にマクラーレン・オートモーティブと名前を変えて新生後の現在はスーパーカー&スポーツカーメーカーとして、創業から10年足らずの間に驚異的な成長を遂げている新興自動車メーカーでもある。

その歴史にはあらゆる場面にスーパースターの名がちりばめられている。特にドライバーは数えればキリがない。スポット参戦ドライバーを除外しても、デニス・ハルム、マーク・ダナヒュー、エマーソン・フィッティパルディ、ニキ・ラウダ、アラン・プロスト、アイルトン・セナ。ここまで数えて止めてしまうのは、挙げて行けば本当にキリがないし、筆者の都合でセナの名前までたどり着きたかったからだ。

「マクラーレン・セナ」は、伝説のF1レーサー、アイルトン・セナの名を冠したモデルだ(撮影:尾形文繁)

今回発表したフラッグシップモデル「マクラーレン・セナ」の説明にはこれで足りる。ドライバーだけではない。クルマを作る人たちの側にも、ジョン・クーパー、ジョン・バーナード、ゴードン・マレー、エイドリアン・ニューウィの名が連なる。

ひとまず駆け足でその原点であるF1ドライバーでありコンストラクターの創業者であるブルース・マクラーレンから話を始めてみよう。

次ページ神話の始まり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。