バルミューダ「高級トースター」の次の生き方

寺尾社長が語る商品開発からIPOまで

今まで私の頭の中には、「会社とお客さんがどこまで噛み合えるか」しかなかった。上場したら、ここに株主というギャラリーができることになる。せっかく素晴らしい試合をするのなら、相手と自分だけより、山ほど観客がいたほうが燃えるだろう。仮にヤジが飛んできたとしても、「もう、いいから全員まとめて幸せにしてやるわ」とガッツが生まれる。

それに向けて、管理体制も強化していく。私のこれまでの人生は基本、「勘と気合いとラッキー」で彩られてきたため、管理は大の苦手。創業当初の社員数が少ないときは野武士の集団で、各人が朝出て行って、夕方帰ってきて、成果がある人もない人もいる、という仕事のやり方だった。

だが、100人の会社でそれをやったら成り立たない。連絡経路を明確化し、開発のプロセスのルール化をしている。部品の購入も、細かいものまで稟議書をあげなくてはいけない。これにより、これまでのようなスピードで開発ができなくなるかもしれないが、業務の質は確実に良くなる。

どれだけ興奮しながら仕事をできるか

ただ、現時点では、そこまで大きな資金調達の需要がない。会社が小さなときは、家電を一つ作るために、びっくりするような金型代がかかっていた。ただ、現在は会社の規模が大きくなる中で、相対的に金型代の負担は少なくなってきた。

寺尾玄(てらお げん)/代表取締役社長。1973年生まれ。17歳のときに高校を中退。スペイン、イタリア、モロッコなど、地中海沿いを放浪の旅をする。帰国後、音楽活動を開始。大手レーベルとの契約、またその破棄などの経験を経て、バンド活動に専念。2001年、バンド解散後、もの作りの道を志す。独学と工場への飛び込みにより、設計、製造を習得。2003年、有限会社バルミューダデザイン設立(2011年4月、バルミューダ株式会社へ社名変更)。同社代表取締役(撮影:今井康一)

むしろ、今の一番の悩みは、トースターの「次」の大ヒット商品が生まれていないことだ。今年の秋に出るものが、それくらいのヒット商品になればいいな、と。今はちょうど開発が山場に差し掛かったところで、涼しくなるころには皆さんにお知らせできると思う。

――出したからといって、必ず当たる保証はありません。ミュージシャンから転身して会社を立ち上げた社長にとって、もともと商品を作るのは、歌を歌うような「自己表現」だったかもしれません。今、そこに変化はありますか。

会社のコアは私でしかあり得ないが、100人を超える仲間がいるのは大きな違いだ。設立当初は冗談ではなく、失敗したら自己破産すればいい、臓器を売ろう、と思っていた(笑)。

だが今は、社員に対する責任がある。責任といっても、路頭に迷わせるんじゃないか、という意味での責任感はあまりない。どれだけ、興奮しながらできる仕事を提供できるか。社員は、いわばバンドのメンバーだ。

社員も、おそらく安定よりは興奮を求めている人が多いと思う。「やり方は特殊だが、いい商品を作っている」と。大手家電メーカー出身のエンジニアも多いが、それを求めていないと、採用面接に来ないと思うんだよなあ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT