サッカーFIFAランク、日本は61位に後退

アジア勢の中でも4番手

 6月7日、国際サッカー連盟(FIFA)は最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。横浜で5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[7日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。

オーストラリアが前回より4つ上昇して36位となり、アジア勢最上位となった。37位のイランがアジア2番手、57位の韓国がアジア3番手。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで日本と対戦するポーランドは前回10位から8位に浮上。コロンビアは16位、セネガルは27位だった。

上位では、1位ドイツ、2位ブラジル、3位ベルギー、4位ポルトガル、5位アルゼンチンと変動はなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。