サッカーFIFAランク、日本は61位に後退

アジア勢の中でも4番手

 6月7日、国際サッカー連盟(FIFA)は最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。横浜で5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[7日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。

オーストラリアが前回より4つ上昇して36位となり、アジア勢最上位となった。37位のイランがアジア2番手、57位の韓国がアジア3番手。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで日本と対戦するポーランドは前回10位から8位に浮上。コロンビアは16位、セネガルは27位だった。

上位では、1位ドイツ、2位ブラジル、3位ベルギー、4位ポルトガル、5位アルゼンチンと変動はなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT