サッカーFIFAランク、日本は61位に後退

アジア勢の中でも4番手

 6月7日、国際サッカー連盟(FIFA)は最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。横浜で5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[7日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。

オーストラリアが前回より4つ上昇して36位となり、アジア勢最上位となった。37位のイランがアジア2番手、57位の韓国がアジア3番手。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで日本と対戦するポーランドは前回10位から8位に浮上。コロンビアは16位、セネガルは27位だった。

上位では、1位ドイツ、2位ブラジル、3位ベルギー、4位ポルトガル、5位アルゼンチンと変動はなかった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。