サッカーFIFAランク、日本は61位に後退

アジア勢の中でも4番手

 6月7日、国際サッカー連盟(FIFA)は最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。横浜で5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[7日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。

オーストラリアが前回より4つ上昇して36位となり、アジア勢最上位となった。37位のイランがアジア2番手、57位の韓国がアジア3番手。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで日本と対戦するポーランドは前回10位から8位に浮上。コロンビアは16位、セネガルは27位だった。

上位では、1位ドイツ、2位ブラジル、3位ベルギー、4位ポルトガル、5位アルゼンチンと変動はなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT