サッカーFIFAランク、日本は61位に後退

アジア勢の中でも4番手

 6月7日、国際サッカー連盟(FIFA)は最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。横浜で5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[7日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新の世界ランキングを発表し、日本は前回から1ランク後退の61位でアジア勢4番手だった。

オーストラリアが前回より4つ上昇して36位となり、アジア勢最上位となった。37位のイランがアジア2番手、57位の韓国がアジア3番手。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで日本と対戦するポーランドは前回10位から8位に浮上。コロンビアは16位、セネガルは27位だった。

上位では、1位ドイツ、2位ブラジル、3位ベルギー、4位ポルトガル、5位アルゼンチンと変動はなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。