中国EC「京東」が描く未来型スーパーの全貌

ここまでやる!中国最新流通事情<前編>

セブンフレッシュの果物売り場。上のスクリーンにさまざまな商品情報を提示できる(記者撮影)
急速にIT化が進む中国。一足飛びの進化は、小売店舗にも現われている。顔認証を活用した無人スーパーから自動倉庫の活用まで。中国EC(ネット通販)2位の京東集団(ジンドン)を通じ、2回に分けて「中国未来店舗」の実像に迫る。

入り口を抜けると、色とりどりの果物が陳列棚にぎっしりと並ぶ。1つひとつの果物にはQRコードがついていて、専用の機械で読み取ると、陳列棚の上にある巨大なスクリーンに産地や購入者の評価などの商品情報が映し出される。

買い物客に寄り添うAIカート(写真:ジンドン)

すぐ横にはAI(人工知能)カートがぴたりとついてくる。専用アプリを起動したスマートフォンをかざせば、カートが買い物客とともに動く仕組みだ。子供連れで手がふさがっている母親でもカートを引いたり押したりする必要がなく、利便性も高い。

これは中国の首都・北京郊外にあるスーパーマーケットの店内の様子だ。店の名前は「7 FRESH(セブンフレッシュ)」。中国のEC2位の「京東集団(ジンドン)」が今年1月にオープンした店舗である。ネットから注文した商品を配達してもらえるサービスもあり、ネット利用と合わせると1日平均6000~7000人が利用する。

魚1匹にもQRコードを付ける

ジンドンは1998年に創業、2004年にEC事業を開始した。もともとは家電製品を専門に扱っていたが、化粧品や日用品などへ品目数を拡大。2017年12月期の売上高は前期比39.3%増の3623億元(約6.2兆円)に達した(営業損益は8.3億元〈同142億円〉の赤字)。

魚にもQRコード。スマホでかざすとどこで水揚げされたのかなどの情報がわかる(記者撮影)

そんなジンドンがリアル店舗にも進出し始めた。先鋒を務めるのがセブンフレッシュだ。

同店では食品の7割を生鮮食品が占め、一部輸入品を除きほぼすべてにQRコードがつく。前出の果物だけではなく、水槽を泳いでいる魚の1匹1匹も対象になる。代金の支払いも、すべてQRコードを介した電子決済が可能だ。

次ページ品ぞろえはビッグデータで決める
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT