中国EC「京東」が描く未来型スーパーの全貌

ここまでやる!中国最新流通事情<前編>

セブンフレッシュの果物売り場。上のスクリーンにさまざまな商品情報を提示できる(記者撮影)
急速にIT化が進む中国。一足飛びの進化は、小売店舗にも現われている。顔認証を活用した無人スーパーから自動倉庫の活用まで。中国EC(ネット通販)2位の京東集団(ジンドン)を通じ、2回に分けて「中国未来店舗」の実像に迫る。

入り口を抜けると、色とりどりの果物が陳列棚にぎっしりと並ぶ。1つひとつの果物にはQRコードがついていて、専用の機械で読み取ると、陳列棚の上にある巨大なスクリーンに産地や購入者の評価などの商品情報が映し出される。

買い物客に寄り添うAIカート(写真:ジンドン)

すぐ横にはAI(人工知能)カートがぴたりとついてくる。専用アプリを起動したスマートフォンをかざせば、カートが買い物客とともに動く仕組みだ。子供連れで手がふさがっている母親でもカートを引いたり押したりする必要がなく、利便性も高い。

これは中国の首都・北京郊外にあるスーパーマーケットの店内の様子だ。店の名前は「7 FRESH(セブンフレッシュ)」。中国のEC2位の「京東集団(ジンドン)」が今年1月にオープンした店舗である。ネットから注文した商品を配達してもらえるサービスもあり、ネット利用と合わせると1日平均6000~7000人が利用する。

魚1匹にもQRコードを付ける

ジンドンは1998年に創業、2004年にEC事業を開始した。もともとは家電製品を専門に扱っていたが、化粧品や日用品などへ品目数を拡大。2017年12月期の売上高は前期比39.3%増の3623億元(約6.2兆円)に達した(営業損益は8.3億元〈同142億円〉の赤字)。

魚にもQRコード。スマホでかざすとどこで水揚げされたのかなどの情報がわかる(記者撮影)

そんなジンドンがリアル店舗にも進出し始めた。先鋒を務めるのがセブンフレッシュだ。

同店では食品の7割を生鮮食品が占め、一部輸入品を除きほぼすべてにQRコードがつく。前出の果物だけではなく、水槽を泳いでいる魚の1匹1匹も対象になる。代金の支払いも、すべてQRコードを介した電子決済が可能だ。

次ページ品ぞろえはビッグデータで決める
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。