アップル、今年のWWDCでも次々と新サービス

新しい「iOS12」は旧機種でも速度向上効果

アップルは6月4日から8日まで、カリフォルニア州サンノゼにあるマッケンリー国際会議場で、世界開発者会議「WWDC 2018」を開催。日本時間の6月5日午前2時から初日の基調講演が行われた。

iPhone用の新OS「iOS12」はアプリ立ち上げの時間などが「iOS11」の倍近く速くなることを明らかにした。2013年モデル以降の旧機種もその恩恵を受けられる。

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。