アップル、今年のWWDCでも次々と新サービス

新しい「iOS12」は旧機種でも速度向上効果

アップルは6月4日から8日まで、カリフォルニア州サンノゼにあるマッケンリー国際会議場で、世界開発者会議「WWDC 2018」を開催。日本時間の6月5日午前2時から初日の基調講演が行われた。

iPhone用の新OS「iOS12」はアプリ立ち上げの時間などが「iOS11」の倍近く速くなることを明らかにした。2013年モデル以降の旧機種もその恩恵を受けられる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT