「就活インターンシップ」はなぜ重要なのか

3年生の3月では遅い!一部で選考が始まった

インターンシップはすでに就活のマストイベントになっている。夏のインターンシップを実施する企業が増えており、採用が早期化していることは事実だ。そんな現実がある中、大学3年生は夏休みを前に、どんな会社のどのようなインターンシップに参加するか、しっかり企業研究・業界研究を進めておくことが重要になる。

小社では5月31日に『就職四季報 企業研究・インターンシップ版』を刊行した。就活デビューを控えた3年生に向けて、有名企業を中心とした約1000社のインターンシップ情報や、初めての企業選びのために、企業研究、業界研究のやり方を解説している。

そもそもインターンシップは、どのような形で行われるのだろうか。

就活ナビサイトをのぞくと、どの会社も、同じようなインターンシッププログラムを提供しているように見えるかもしれない。しかし、内容をよく見ていくと、(1)会社説明会型、(2)プロジェクト型、(3)仕事体験型の3タイプに大別することができる。

会社によってインターンシップの形は異なる

(1)会社説明会型

文字どおり、大人数の学生を前に、先輩社員が会社や業界の魅力を語る、座学を中心とした説明会だ。インターンシップの概要に「説明会」や「セミナー」とハッキリ書いてあるものもあるし、「業界を知る」「仕事を学ぶ」という表現で、1dayなどの短期の実施期間であれば、まずこのタイプだといえる。

ただし、座談会や社員交流会(懇親会)、工場などの施設や職場の見学が含まれているケースが多い。先輩社員と交流して、職場の雰囲気に合うかを確認したり、通常では入ることのできない施設に行くことができたりするのは、大きな魅力だ。

このタイプのインターンシップは、開催日数や受け入れ人数が多く、参加ハードルも低めだ。少しでも興味がある企業・業界があれば、ぜひ参加しておくといいだろう。

(2)プロジェクト型

主にグループワークを通じて、「新規事業の企画立案」といった課題に取り組み、時間内に何らかの成果物を作成したり、プレゼンテーションを実施したりするというもの。本書掲載の1002社のうち、インターンの概要に「グループワーク」という言葉を掲げている企業は、ちょうど15%にあたる151社あった。

たとえば、商社・卸売業のダイワボウ情報システムは、「提案営業の模擬体験ゲーム」というプログラムを提供している。学生には縁遠い「提案営業」だが、体験してみることで、自分の適性を見極めることができるかもしれない。

また食品大手の森永乳業は「森永乳業の商品がどのように生み出されるのかを学び、グループワークで商品企画を行って、森永乳業のNo.1を目指すプログラム」を提供している。

日常でよく目にしている、商品開発のフローを知ることができるだけでなく、同じ就活生とアイデアを出し合い、定められた時間内にアウトプットするという、チームによる企画立案の流れを疑似体験できる。

次ページフィードバックが得られる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT