「就活インターンシップ」はなぜ重要なのか

3年生の3月では遅い!一部で選考が始まった

6月から夏のインターンシップに向けた大学3年生向けの説明会が各地で始まった(撮影:今井康一)

6月1日を迎え、2019年卒の大学4年生を対象とした、経団連加盟企業の選考活動がスタートした。しかし、すでに5月1日時点での内定率は、4割を超えているとの調査が出ている。さらに、大手企業の中にも実質的な選考を5月までに終え、6月1日になって内々定を出すところが少なくない。

「就職四季報」特設サイトはこちら

そんな中、1学年下である大学3年生(2020年卒向け)の就職・採用活動も、実質的にスタートしている。この6月1日は、マイナビやリクナビといった大手就活ナビの2020年卒向けサイトのオープン日でもあり、多くの企業が夏のインターンシップへのエントリーの受け付けを開始する日でもある。

大学生の中には、「就活は3年生の3月にスタートするもので、まだまだ先」と思っている人も多いが、これは大きな誤解だ。3月1日は経団連加盟企業がプレエントリーの受け付けを開始し、採用予定や募集人員などについて公表される、「採用広報活動解禁日」。経団連の非加盟の企業の中には、3月を待たずして採用を終えるケースもある。

インターンシップ募集は6月から始まる

また経団連加盟企業でも、インターンシップやリクルーター、非公表の選考を通じて、「実質的な内定」を6月の前までに出し終えてしまうケースがある。

空前の売り手市場と言われる今、企業側もなんとか、学生との接点を増やそうと必死だ。オープンしたばかりの大手ナビサイトを見てみると、最大手のリクナビはすでにインターンシップ応募可能企業数が昨年より15%以上増え、初めて1万社を突破した。同じく大手のマイナビも2000社以上、掲載数を増やしている。

さらにHR総研の調査では、昨年、インターンシップを採用目的で実施していると回答した企業は、25.6%にのぼる。結果的に内定者の中にインターンシップ参加者がいたと回答した企業は47.5%に達しており、インターンシップが選考に密接に関係していることがうかがえる。

次ページインターンシップの3形態
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。