「わらわし隊」の記録 早坂隆著

「わらわし隊」の記録 早坂隆著

日中戦争のドキュメンタリー、といっても主人公は吉本興業所属の芸人たち。昭和13年から敗戦直前まで中国戦線の兵士たちを慰問するため朝日新聞主導のもとに結成された「わらわし隊」の実情が丹念にたどられる。「笑わし」と「荒鷲」を掛けて命名された慰問団は、前線間近な即席ステージで過酷な日程のもと、漫才、浪曲、落語、漫談などを演じて将卒、傷病兵を喜ばせた。大義名分は別にして、朝日、吉本としては営業推進の大目標が成功を収めたこともわかる。

陸軍軍属として参加した金語楼、アチャコ、エンタツ、ミスワカナらの言動を追いつつ、70年後の今、元兵士や関係者との対話、中国取材など、多層な記録の集成で最後まで大部を飽きさせない。兵士たちがいかに笑いに飢えていたか身につまされるが、著者の目は将卒、そして芸人たちに対しひたすら温かい。南京虐殺や従軍慰安婦なども、慰問団の取材をもとに否定的結論を出している。(純)

中央公論新社 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。