「わらわし隊」の記録 早坂隆著

「わらわし隊」の記録 早坂隆著

日中戦争のドキュメンタリー、といっても主人公は吉本興業所属の芸人たち。昭和13年から敗戦直前まで中国戦線の兵士たちを慰問するため朝日新聞主導のもとに結成された「わらわし隊」の実情が丹念にたどられる。「笑わし」と「荒鷲」を掛けて命名された慰問団は、前線間近な即席ステージで過酷な日程のもと、漫才、浪曲、落語、漫談などを演じて将卒、傷病兵を喜ばせた。大義名分は別にして、朝日、吉本としては営業推進の大目標が成功を収めたこともわかる。

陸軍軍属として参加した金語楼、アチャコ、エンタツ、ミスワカナらの言動を追いつつ、70年後の今、元兵士や関係者との対話、中国取材など、多層な記録の集成で最後まで大部を飽きさせない。兵士たちがいかに笑いに飢えていたか身につまされるが、著者の目は将卒、そして芸人たちに対しひたすら温かい。南京虐殺や従軍慰安婦なども、慰問団の取材をもとに否定的結論を出している。(純)

中央公論新社 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT