最新通信簿!42中核市の「幸福度」ランキング

1位は豊田市、2位は富山市、3位は長野市

1位に輝いた豊田市の市街地の様子(写真:Flatpit / PIXTA)
全47都道府県幸福度ランキング2018年版』(寺島実郎:監修、日本総合研究所:編)が東洋経済新報社より刊行された(5月25日発売)。各自治体・メディアが注目する「総合ランキング」についての解説を転載し、紹介する。都道府県ランキング政令指定都市ランキングに続き、今回は中核市ランキングをお届けする。

富山市が6位から2位に躍進

全39指標の総合ランキングでは、2016年版に引き続き豊田市が1位になった。基本指標、仕事分野で1位を獲得しており、やはり自動車産業という強固な産業基盤が強みになっている。教育分野も2位であり、今後もトップの座を維持していく可能性は高い。

『全47都道府県幸福度ランキング2018年版』は5月25日発売(上の書影をクリックするとアマゾンにジャンプします)

2位は富山市であった。2016年版の6位からの上昇であり、健康分野の改善が顕著である(29位→12位)。生活分野、教育分野で1位となっており、世代や男女を問わず安定した生活を享受している。安定した生活基盤は今後も盤石とみられる。

(1)基本指標ランキング─ 自動車産業が牽引する豊田市

1位が豊田市、2位が岡崎市、3位が豊中市の順になっている。

豊田市は、「財政健全度」が上昇(13位→1位)、「一人あたり市民所得」は3位を維持しており、自動車産業の堅調さがうかがえる。「選挙投票率(国政選挙)」は1位と政治への関心も高い。

次ページ下位の市は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。