パパが幼い息子に教えたい他人への共感と愛

心にグッとくるグラディさんの子育て漫画

子育ての奮闘が描かれています(写真:imtmphoto / iStock)

カナダ・トロントに住むクリス・グラディさんは、7歳の息子と2歳の娘の父親。5年前から、子育ての経験を漫画にしてウェブサイトに掲載している。

「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

漫画には、育児をした人なら共感できそうな子育ての奮闘が、ユーモラスに描かれている。

一方で、寛容さや共感、逆境でも思いやりを持つといった、ポジティブなメッセージも込められている。

グラディさん「息子よ、今日は本物の男になる方法を伝えよう」

「あそこに、女の子たちがいるだろう」

「あの子たちを、めちゃくちゃ敬意を持って扱うんだ」

「これで俺の仕事は終わりだ」

(イラスト:CHRIS GRADY/LUNARBABOON)
次ページ漫画を作った理由は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。