元夫が若い女に走った44歳「1児の母」の苦闘

元夫の自殺、自身の精神障害を乗り越えて

幸い、歌島さんの病気はここ2年ほど落ち着いている。アロマを取り入れた生活をしていて、気持ちが前向きになれているそうだ。

「最近、娘が自立できる年齢になったので、扶養から抜いたんです。ようやく自立のための貯金ができるかなと思っていた矢先、役所から、私一人分になる生活保護の金額の通知がきました。厳しい現実です」

「必ず自立して、人生を輝くものにしていく」

1カ月の生活費は7万円ということだ。歌島さん1人分の生活保護費から、単純に住宅扶助を引くと、残るのは7万円のみ。今後、娘の生活費は出ないため、娘は一年制の夜間専門学校に通いながらバイトをし、家に自分の生活費を入れないとならない。そして、専門学校卒業後は(二人分の住宅扶助が一人分になるため)家を出て自立しなければならない。

「娘には苦労をかけて申し訳ないと思っています。でも、その都度2人で家族会議して、本音を話し合いました。本音でぶつかってきたので、今の親子関係があります。芯が強くて、優しくて、自慢の娘です」

娘とは辛い時期があってもコミュニケーションは欠かさなかった。大変なときも2人で乗り越えてきたから、親子の絆はどこの家庭より強いと自負がある。

「私たちはこれからも前を向いて生きていきます。笑顔が取り柄なので、笑顔だけは忘れません」

そして、歌島さん自身にも夢がある。

「アロマの資格を持っているので、将来はアロマセラピストとして活動していきたいと思っています。自分も全身麻痺で動けなかったとき、精神障害で悩んだとき、アロマの力を借りて回復してきたから。今度は私が人を癒やしてあげたい。スポーツに携わる人などの心身のケアができたら本当にうれしいです」

やる気にあふれた表情でそう語ってくれた歌島さん。自立に向かって突き進み、自身の夢をかなえる日が必ず来ると信じている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT