親と近居の「共働き夫婦」が最強と言える理由 マイナス面もあるが、メリットがハンパない

印刷
A
A

子どもたちにとっても、祖父母が近くにいることで安心して過ごすことができますし、両親にとってもかわいい孫と接することは、長い老後をいきいき過ごすためのきっかけにもなります。一緒に公園に行く頻度が増えれば、自然と運動をすることにもなるので、健康面でもいい影響がありそうです。孫たちの成長を見守りながら、一緒に過ごす時間はとても楽しいものです。

もちろん、いいことばかりとは限りません。近居ですから「結局は両親に干渉されて嫌」という妻もいるかもしれません。また夫にとってみれば義父母にあたるため、ときどき窮屈に感じる瞬間もあるはずです。しかし、やはり、なにより子育てをしながら、仕事をがんばっている夫婦にとっては、妻の両親はとてもありがたい存在です。

「2馬力維持」で安定した収入も年金も確保できる

実は私自身は、産後6週間後からフルタイムで働きながら、親の力を借りずに子育てをしてきました。そのため誰のサポートもない状況で仕事と家事、育児をする大変さを、身を持って体験してきました。その後、夫の両親との同居も体験しています。自分の親ではないため、義理の両親との同居は、考え方の相違など、精神面でなにかと気苦労があるものです。

今は、というと、まさにこれまでお話してきたケースの両親の立場として、娘家族と同じマンションのお隣同士で暮らしています。私自身3人の孫の面倒を見ることで、働く娘を応援しています。それは私にとっても幸せなことです。

若い世代が両親の近くでサポートされながら暮らすスタイルは、女性が活躍する時代に適しているので、ますます増えていくのではと実感しています。

「近居生活」は共働きを強力にサポートするので、2馬力の収入を維持しながら、将来の年金も2人分得られることになります。人生100年時代を豊かに過ごすための最善の方法の1つではないでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT