「ここで死んでもいい」という覚悟が力を生む

プロトレイルランナーに学ぶ人生の極意

「もう後がない」「ここで自分は死ぬんだ」という強い気持ちがないと、160キロものレースは戦えません。「ダメでもともと。失敗しても後があるよ」と軽い気持ちで臨んだら、最後まで完走することさえおぼつかないでしょう。

だからといって、暗くなってはいけません。悲壮感を持ってしまうと、「このレースではどんな景色に出会えるんだろう」「どんな自分に出会えるんだろう」というワクワク感が消えてしまうからです。決して暗くならずに、前向きに死ぬこと。それが限界を超えて最後まで走り抜く力を生み出します。

一つひとつのトレーニングも、大会後に一度リセット

レースの終盤、身も心もボロボロになって、極限まで追い込まれたときの精神状態を表現するのに、「死ぬ」という言葉ほどしっくりくる言葉はありません。『あしたのジョー』の矢吹丈が最後に燃え尽きて灰のようになったのと同じく、ウルトラトレイルを走り抜いたら、いったん死んで葬式をあげる。これまでの一つひとつのトレーニングもそこで一緒に成仏させる。そうして1回リセットしてから、次のレースに向けて新たな人生を歩み始める。僕はそれを繰り返してきたのです。

『プロトレイルランナーに学ぶ やり遂げる技術』は5月1日発売(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

普段の仕事で「ここで死んでもいい」と思えるくらい、気分が高揚することはないかもしれませんが、「いざとなったら、いつでも辞められる」という覚悟があれば、大抵のことはできます。「いつでも辞められる」からこそ、誰に対しても自分の意見をしっかり言い、上司や他部署、お客様と対等な関係を築くことことができるのです。「この仕事をクビになったら後がない」と思っていると、相手に対してどうしても下手(したて)に出てしまいます。それでは、自分の力を発揮することはできません。

「この仕事をやり遂げたら、自分はこの部署・この会社を卒業してもいい」と思えるくらいの仕事と出会えたとしたら、それはとても幸せなことです。実際に卒業するかどうかは別として、全力で取り組んで、後悔しないようにしたいものです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。