「セブン銀行」が明かすAI実証実験の舞台裏

導入の秘訣は「悩まずしぶとく、やってみる」

――それぞれ、どんな目的を持って行ったのでしょうか?

松橋:チャットボットは、コミュニケーションやQA手段の多様化のための自動化という要素が強いですね。ATMのオペレーションに関しては、現状より高度化、省力化を図るというのが大きいです。保守に関しては、ゆくゆくはマニュアルレスにしたいと思っています。うまくいけば、大きな工数削減に繋がるので、4〜5年のスパンで考えて研究を続けていきます。

AI活用に対して、とても積極的ですね。

よく、数ヶ月で精度がうまく出なかったので実証実験を止めてしまう、というケースをよく聞きますが、4〜5年先まで見据えているのはかなり長いと思いました。

なぜ積極的にAI活用に踏み込めるのか 

――なぜそこまで実証実験に取り組めるのでしょうか?

松橋:当社の経営理念に、“技術革新の成果を取り入れる”という項目があります。それが社員全員の共通言語になっているので、新技術への障壁は一切ないといえるでしょう。

松橋さん曰く、絶対にできるという確証がなくても「やってみよう」という空気になるのだそうです。

セブン銀行の社員が全員所持している経営理念カード。「社員ひとりひとりが、技術革新の成果をスピーディーに取り入れ、自己改革に取り組んでいきます。」という項目が、組織文化を形成しているようです(写真:Ledge.ai編集部)

松橋さんも自らコミュニティイベントに出向き情報収集。オープンイノベーションという形でいろんな企業とコラボをし、実証実験を開始したのだとか。驚きのフットワーク・文化です。

――実証実験で難しいのが“評価”だと思います。ビジネス的な観点での評価・期限はどのようにしているのでしょうか?

松橋:ある程度の目標はありますが、とくに締め切りなどは設けていませんね。

――それはかなり寛容ですね! なぜそのような体制にしているのでしょうか?

松橋:実証実験の結果は、すぐには出ないです。だから、しぶとく何年もやっていくしかないですね。一回やってみただけで、諦めないことが大事だと思います。

なるほど。確かに、最初から完璧な精度を出してくれるAIなんてないですもんね。

――そのほか、これからAI活用をしたい企業の方々へアドバイスはありますでしょうか?

松橋:悩まずやってみること。ただし、実現したい未来像をしっかり描き、そこに向けて挑戦し続けることだと思います。成功も失敗も、とにかく経験することでしかわからないですから。
すべて相手まかせではなく、自分たちでもトライアンドエラーをしていく必要もありますね。
次ページセブン銀行の次なる目標は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。