「セブン銀行」が明かすAI実証実験の舞台裏

導入の秘訣は「悩まずしぶとく、やってみる」

セブン銀行常務執行役員セブン・ラボ担当の松橋正明さん(写真:Ledge.ai編集部)

みなさんご存知のセブン銀行、実はかなりAI活用を進めています。

本記事はLedge.ai(運営:レッジ)からの転載記事です。元記事はこちら

既にプロジェクトは複数進行していて、長い期間のものだと既に2年も継続しているそうです。

中には、既に実証実験から本格導入検討へ進んでいるプロジェクトも。うまくいく秘訣は、実証実験に厳しい期限は設けず、トライアンドエラーを繰り返すこと。

今回は、セブン銀行でのAI活用の取り組み・AI活用で気をつけるべきポイントをお聞きしました。

本格導入を判断するフェーズの実証実験も

――セブン銀行では、どんな場面にAIを活用しているのでしょうか?

松橋:当社はATMサービスを主な事業としています。ただ、ATM自体へのAI搭載というよりかは、どちらかというと裏方のオペレーション業務でのAI実証実験を進めています。現在進行しているものは、大きく2つありますね。

実証実験をおこなっているのは、大きく下記の2つとのこと。

・ATMへの現金供給予測
・ATMの故障検知予測

1つ目は、ATMにどれほど現金を入れておけば良いかを、AIによって予測するというもの。

こちらは2年ほど前から開始し、データは5年分のATMのデータを使用。去年の夏ごろには精度はまだまだだったそうですが、現在はかなり精度が向上してきて、いよいよ本格導入を判断するフェーズとのこと。(2018年3月現在)

2つ目は、ATMのセンサー情報から故障を予測し、適切なタイミングでのメンテナンスができるよう実証実験をおこなっているそうです。

既に安定した精度を出し、本格導入の判断をする段階まで進んでいるものもあるとは驚き。

現在は、チャットボットのプロジェクトも進んでいるようで、そちらではディープラーニングの技術を使用しているとのこと。松橋さん曰く、FAQなどのマッチングに関しては、一般的な機械学習よりディープラーニングのほうが精度が良いようです。

次ページどんな目的を持って行ったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT