今年の日本株は「5月に買え」かもしれない

米国の格言「セルインメイ」はあてはまるのか

立場はやや違うが、「日経平均2万5000円以上への上昇」という展開を想定するのはSMBC日興証券のチーフ・テクニカル・アナリスト、吉野豊氏も一緒だ。今年2~3月の世界的な株価下落・金利上昇・為替の円高といった混乱は3月末で一巡。4月は下値堅めの時期で、6~8月にかけて再び上値を試す展開になる、とみている。

例年のような「アベノミクス年後半高」再現は難しい?

吉野氏によると、今年の相場は昨年のような年末高の相場にはならないようだ。「アベノミクス相場下では年間高値が後半に寄るライト・トランスレーションというパターンが続いた。上昇基調が強く、調整期が短いのが特徴である。ただ、今年は米国の中間選挙など年後半に波乱材料が集中するため、8月高値が限界か」とみる。

「年間の高値が8月」というケースはあまり見ないが、ないことはない。たとえば1986年がそうだった。日経平均は同年8月20日に1万8936円の高値を記録している。わが国が「世界一の債権国」となり、「ウォーターフロント」関連株が市場で賑わい、「新人類相場」が演じられた年だ。バブル相場が幕を切って落とされた年、というのは何とも意味深長ではないか。

『世界一やさしい株入門』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

市場心理は4月以降の戻り相場になお懐疑的である。日経平均が2万2000円台半ばでいることが象徴的だ。

それはそうだろう。米国と中国という2つの大国の“貿易戦争”だけでなく、実際にミサイルが飛びかったシリア攻撃が行われた。4月27日に行われた南北朝鮮の首脳会談は、6月初旬まで行われるとされる米朝首脳会談の「前座」にすぎない。

その一方では、11月の中間選挙を前にドナルド・トランプ米大統領が必死のツィッター「口撃」をしている。さらには、安倍晋三政権が支持率低迷…という状況では、手放しのリスクオンというわけにはいかないのも、やむを得まい。

しかし、そうした市場外の政治的要因をいったん棚に上げれば、需給関係、企業業績、テクニカルと材料が出そろい、機は熟しつつある。今から「すでに夏相場が始まっている!」などというのは、いささか気が早すぎるだろうか…。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。