NHK受信料、訪問による契約業務はまだ伸びる

双子の経営するベンチャーが上場、戦略は?

NHK受信の契約・受信料の収納代行業務は順調に拡大。営業のプロセスを要素ごとに分けて課題を発見していった(撮影:尾形文繁)
4月27日、東証ジャスダックスタンダードに上場するエヌリンクス。現在34歳の栗林憲介社長が双子の弟である栗林圭介副社長と2010年に設立した会社で、従業員は800人を数える。中核は売上高の80%以上を占めるNHK(日本放送協会)の受信契約・受信料収納代行業務だが、部屋探しサイトの「イエプラ」やスマートフォンゲーム攻略サイト「アルテマ」を運営するメディア企業の側面も持つ。設立の経緯や上場後の成長戦略を栗林社長に聞いた。

――起業に至る経緯を教えてください。

大学受験の失敗が1つのきっかけです。高校は大阪府立生野高校というエリート校に通っていましたが、現役で慶応義塾大学に行くという目標を達成できなかった。両親や親族は大手企業に進んだ人が多く、「1年浪人すると労働時間も1年減る」などと考え、やる気をなくしていました。

少し寄り道をして、大学以外の進路を模索したこともあり、結局2年遅れて日本大学の商学部経営学科に入学しました。ただ、そこでは経営を学ぶことができ、ベンチャービジネスへの理解もあったので、起業という概念に気づくことができました。高校の同級生の友人が弁護士や医者になる、大手企業に就活するぞ、という話をしていたところ、私は在学中に起業しようと考えていました。

サイバーの藤田社長が目標

起業について調べる中で、分析したのはサイバーエージェントの藤田晋社長です。サイバーも営業代行から始まり、メディア、IT領域に拡大しています。これは美しいなと。戦略をトレースしようと思い、営業代行会社の「テナントグランス」を始めました。

テナントグランスでは営業マンの派遣もやっていました。そこで、NHKの受信契約・受信料収納業務を行うクルーガーグループに派遣したことで、受信契約を代行する業務があることを知りました。受信料を払うことは常識だと思っていたので。

その後テナントグランスを辞め、新卒で不動産企業に入社しました。ただ、2008年入社だったので、リーマンショックもあり、非常に厳しい環境でした。そこでNHK事業のことを思い出したんです。転職も考えましたが、やっぱり起業しようと。クルーガーグループに入社して1年間NHK業界を学んだ後、2010年にエヌリンクスを立ち上げました。

次ページ収納代行には競合がいない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT