アマチュア野球審判員の知られざる熱い仕事

「1試合5000円」でも技術と情熱を注ぐ

この日は塾の仕事がないが、受験シーズンの1月と2月は、朝から深夜まで講師業務に忙殺される。逆に春から秋の週末は、審判員中心の日々を過ごす。大学の軟式野球リーグの公式試合もあれば、草野球の試合も担当する。年間試合数は200試合に及ぶという。

編著書も出版、発信活動にも積極的

アマチュア審判員の中でも粟村氏は異色の存在だ。毎年刊行される『わかりやすい野球のルール』(成美堂出版)という本の監修を十数年続け、その年に改正されたルールも説明する。

インターネット放送局『全方位野球トークバラエティ べすぼる!』(土曜放送)のMCも担う。学習塾だけでなく審判でも、時に“講師”を務めるのだ。

『わかりやすい野球のルール』最新版の表紙画像(写真提供:粟村哲志氏)

広島県で生まれ、父が数年間、軟式野球の公認審判員を務めた時期があり、自宅に審判服や胸につけるワッペン、「ストライク」「ボール」「アウト」をカウントするインジケーターもある環境で育った。

運動神経が鈍く、子ども心に自分の実力を見極めて、一緒に試合に参加できる審判に目を向けたそうだ。10歳の時に試合の審判に名乗り出て、その魅力にハマると、テレビで野球の試合を観ても、選手より審判の動きに注目する子どもだった。

その後、早稲田大学に進むと、在学中にアマチュア野球の名審判員として知られ、多くの名試合の球審も務めた故・西大立目永氏(当時早大教授)に師事。

中学硬式野球の「リトルシニア」を皮切りに、独立リーグの審判員も務め、NPBの審判員をめざした。その夢は破れたが、独立リーグの四国アイランドリーグ、BCリーグにも所属し、独立リーグとNPB2軍の公式戦を担当するなど、関連試合も経験した。そうした経験も現在の活動につながった。

次ページ「審判派遣団体」とはどんな団体なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT