2017年ワイン生産量は過去60年で最低だった

欧州の悪天候が影響

 4月24日、国際ブドウ・ワイン機構(OIV)が発表した統計によると、2017年は、世界のワイン生産量が過去60年で最低となった。悪天候で欧州連合(EU)域内の生産量が減少した。写真は2月ロンドンで撮影(2018年 ロイター/Peter Summers)

[パリ 24日 ロイター] - 国際ブドウ・ワイン機構(OIV)が24日に発表した統計によると、2017年は、世界のワイン生産量が過去60年で最低となった。悪天候で欧州連合(EU)域内の生産量が減少した。

昨年のワイン生産量は2億5000万ヘクトリットル(1ヘクトリットルは100リットル)で前年比8.6%減。これは、1957年の1億7380万ヘクトリットル以来最低となる。

悪天候のため、EUの上位生産国がすべて打撃を受け、域内全体の生産量は前年比14.6%減の1億4100万ヘクトリットルとなった。国別では、イタリアの生産量が17%減の4250万ヘクトリットル、フランスが19%減の3670万ヘクトリットル、スペインが

20%減の3210万ヘクトリットルだった。

フランス政府は昨年、春霜や干ばつ、嵐などの悪天候が続いてボルドーやシャンパーニュなど主要な産地が影響を受け、ワイン生産量は過去最低となったと発表していた。

米国と中国は横ばい

一方、生産第4位の米国と7位の中国は、ほぼ横ばいだった。

中南米はまちまちで、アルゼンチンがきわめて生産の少なかった昨年から25%増、チリは6%減だった。

世界のワイン消費量は2億4300万ヘクトリットルで前年比1.8%増、首位は米国の3260万ヘクトリットルだった。2位はフランスの2700万ヘクトリットル。

中国の消費量は3年連続の大幅増で、17年は前年比3.5%増の1790万ヘクトリットルだった。

輸出量ではスペインが首位で世界の市場シェアは20.5%。輸出金額の首位はフランスの90億ユーロ(110億ドル)だった。

世界の総輸出量は1億0790万ヘクトリットルと前年比3.8%増、金額では300億ユーロで前年比5.1%増だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT