1人暮らしの女性を守る「影の恋人」の正体

ボクシングやギター演奏など12のパターン

 4月23日、賃貸アパート管理のレオパレス21は、スマートフォンとプロジェクターをつなぐだけで、1人暮らしの女性の部屋のカーテンに男性の影を投影するという新たな防犯対策を開発した。写真は20日撮影(2018年 ロイター/Kwiyeon Ha)

[東京 23日 ロイター] - 賃貸アパート管理のレオパレス21は、スマートフォンとプロジェクターをつなぐだけで、1人暮らしの女性の部屋のカーテンに男性の影を投影するという新たな防犯対策を開発した。

映像を映すには、スマホをプロジェクターにつなぐだけ。利用者は、カーテンに映る「影の恋人」にとってほしい動作を、ボクシングやギターの演奏、掃除機をかける仕草など12個のパターンから選ぶことができる。

レオパレス21の担当者は、「当社ではそうした高度な防犯システムを備えており、1人暮らしの女性でも安心して生活ができると認識してもらうための試み」と述べている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。