1人暮らしの女性を守る「影の恋人」の正体

ボクシングやギター演奏など12のパターン

 4月23日、賃貸アパート管理のレオパレス21は、スマートフォンとプロジェクターをつなぐだけで、1人暮らしの女性の部屋のカーテンに男性の影を投影するという新たな防犯対策を開発した。写真は20日撮影(2018年 ロイター/Kwiyeon Ha)

[東京 23日 ロイター] - 賃貸アパート管理のレオパレス21は、スマートフォンとプロジェクターをつなぐだけで、1人暮らしの女性の部屋のカーテンに男性の影を投影するという新たな防犯対策を開発した。

映像を映すには、スマホをプロジェクターにつなぐだけ。利用者は、カーテンに映る「影の恋人」にとってほしい動作を、ボクシングやギターの演奏、掃除機をかける仕草など12個のパターンから選ぶことができる。

レオパレス21の担当者は、「当社ではそうした高度な防犯システムを備えており、1人暮らしの女性でも安心して生活ができると認識してもらうための試み」と述べている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT