1人暮らしの女性を守る「影の恋人」の正体

ボクシングやギター演奏など12のパターン

 4月23日、賃貸アパート管理のレオパレス21は、スマートフォンとプロジェクターをつなぐだけで、1人暮らしの女性の部屋のカーテンに男性の影を投影するという新たな防犯対策を開発した。写真は20日撮影(2018年 ロイター/Kwiyeon Ha)

[東京 23日 ロイター] - 賃貸アパート管理のレオパレス21は、スマートフォンとプロジェクターをつなぐだけで、1人暮らしの女性の部屋のカーテンに男性の影を投影するという新たな防犯対策を開発した。

映像を映すには、スマホをプロジェクターにつなぐだけ。利用者は、カーテンに映る「影の恋人」にとってほしい動作を、ボクシングやギターの演奏、掃除機をかける仕草など12個のパターンから選ぶことができる。

レオパレス21の担当者は、「当社ではそうした高度な防犯システムを備えており、1人暮らしの女性でも安心して生活ができると認識してもらうための試み」と述べている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。