営業と詐欺のあいだ 坂口孝則著

営業と詐欺のあいだ 坂口孝則著

著者は大手メーカーのバイヤー。すぐれたセールスマンはお客から「いい人」に見られ、彼らが伝えることは「メリット」「信頼」「価格」の三つだけ。「デブ・貧乏(破産)・アルコール依存症」などの不幸を経験した人の商品が売れるのは、いつの時代も人生の逆転劇は求心力を持つからなどなど、占い師やコンサルタントに至るまでさまざまな商品売買を取り上げ、その背後に隠れているセールステクニックを解説している。

最初は良心からはじまっているセールスでも、売れることにこだわるあまりグレーゾーンを越えることもある。営業と詐欺は紙一重。善良な市民はみな潜在的詐欺被害者と注意を促し一方で、売買の面白さも語っている。

幻冬舎新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT