金正恩氏が中国大使館訪問、「深い哀悼の意」

中国人死亡のバス事故を受けて

 4月24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)は、同国で発生したバス事故で中国国籍の32人が死亡したことを受け、平壌の中国大使館を23日訪問し、「深い哀悼の意」を表明した。KCNA提供写真(2018年 ロイター)

[ソウル/北京 24日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は23日、同国で22日夜に発生したバス事故で中国国籍の32人が死亡したことを受け、平壌の中国大使館を訪問し、「深い哀悼の意」を表明した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が24日に報じた。

金委員長は、負傷者が治療を受けている病院も訪問し、「治療について自ら確認」したという。

中国外務省は23日、北朝鮮で22日夜に発生したバス事故で、中国国籍の32人が死亡したと発表した。中国外務省の陸慷報道官は、事故では北朝鮮人4人も死亡したと明らかにした。

事故は北朝鮮の黄海北道で発生した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。