金正恩氏が中国大使館訪問、「深い哀悼の意」

中国人死亡のバス事故を受けて

 4月24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)は、同国で発生したバス事故で中国国籍の32人が死亡したことを受け、平壌の中国大使館を23日訪問し、「深い哀悼の意」を表明した。KCNA提供写真(2018年 ロイター)

[ソウル/北京 24日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は23日、同国で22日夜に発生したバス事故で中国国籍の32人が死亡したことを受け、平壌の中国大使館を訪問し、「深い哀悼の意」を表明した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が24日に報じた。

金委員長は、負傷者が治療を受けている病院も訪問し、「治療について自ら確認」したという。

中国外務省は23日、北朝鮮で22日夜に発生したバス事故で、中国国籍の32人が死亡したと発表した。中国外務省の陸慷報道官は、事故では北朝鮮人4人も死亡したと明らかにした。

事故は北朝鮮の黄海北道で発生した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT